こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2014年07月03日

【緊急企画決定】集団的自衛権をめぐるワールドワーク講座、やります!

みなさま、
7月1日に沢山の抗議の声が官邸前でおきていたのにも関わらず、
集団的自衛権が容認され、大きな波紋を呼んでいます。

息子をもつ母親として、沢山の複雑な気持ちでこの流れをみていました。
この立場の私の声は、大きく「NO」です。
沢山の葛藤についてファシリテーションをする場面と出会い、
リアルな紛争や戦争の後遺症についてワークをしてきました。

「自衛」という理由であったとしても、それは反対側にすれば攻撃であり、
平和の略奪となります。

ひたすらワンサイドで反対運動に乗り込んでいきたい気持ちもありますが、
プロセスワークを学び、その視点から世界をみるようになると、
その対立と戦いが、残念ながら戦う人々をとてつもなく消耗する事や、
相手も警戒するのでなかなかお互いの合意形成は取りにくくなる事を知ってしまっています。
また、少し違った疑問も湧いていきます。

今、なぜ日本でこんなことが起きているのか。
安倍首相だけでなく、この選択をサポーをする声もあるわけで、
両方の立ち位置の声に耳を傾けていく事が、
今の私たちが現状を把握するためにも、今起きている事をより深い次元で理解するためにも
必要な第一歩だと思うのです。

私は諸事情から官邸前にはいってアクションは起こせませんでしたが、
別な形でアクションを起こす事にしました。

約3週間後と、かなりな緊急企画となりましたが、
集団的自衛権をめぐって、
ワールドワークの手法と視点を使った体験講座を行います。

お申し込みフォーム、価格など、
企画の詳細は一両日中にアップします。

関心のあるかたはぜひ日程だけでもおさえておいてください。

★★プロセスワークをあまり知らない方は、
お時間があれば7月6日のワールドワーク報告会にもぜひご参加ください。
より概要が理解できるかと思います。★★

7月6日のお申し込みはこちら
http://deepdemocracy.center/?p=75


=====================
How can we live together? PROJECT

ワールドワーク体験講座
「集団的自衛権を巡る様々な声に出会う時間」
〜プロセス指向心理学による紛争・葛藤ファシリテーション〜

=====================
【7月21日】10時〜17時 @ 東京都内
=====================

<コンセプト>
7月1日に集団的自衛権が容認され、日本社会において大きな議論が起きています。
憲法9条の解釈を変えていく事、それを誰がどのようなプロセスで変えていくのか。
様々な近隣諸国との関係性や緊張感…アメリカとの関係性。

そもそも日本が戦後憲法9条により「戦争をしない国」というありかたから大きく変わる事について、
様々な声があがり、あらゆるところで対立も起きています。

今回はこのテーマを切り口に、ワールドワークというプロセス指向心理学の手法を通して日本社会の問題に焦点をあて、
様々な意見や立場からの「声」に耳を傾けながらその声の奥にある真実をさぐり、対立ではなく共生の可能性をさぐります。

対極にいる立場からの視点を大切にして、問題の中に解決があるという信頼のもとに対話を深めていきます。

集団的自衛権について賛成の方も、反対の方も、どちらも大切なことをきっと伝えてくれるはずです。
多様な社会の中でどのように共に生きていけばいいのかを探りたい方はどなたでも歓迎致します。

=================================

★この講座はプロセスワークを知らない方でも参加できます。
前半でレクチャーやエクササイズも行いますが、ワールドワークを行うための最低限のものとなります。ご了承ください。

<スケジュール(予定)>

プロセスワーク、ワールドワークのレクチャー
エクササイズとウォーミングアップ
ワールドワーク(グループワーク)
質疑応答とシェアリング
クロージング

<主催>deepdemocracy.center(ディープデモクラシー・センター)
http://deepdemocracy.center/?page_id=41
posted by Daya at 00:17| Comment(0) | お知らせ

2014年07月01日

抑圧は、なかなか気づけない。(facebook投稿より)

日本の憲法の解釈が変わってしまう…
日本の大きな決断の流れの中、胸騒ぎを押さえながら
日曜日のワールドワーク報告会の準備。

10314015_10203537317179371_5367785508345128081_n.jpg

私がリアルにできる事といえば、
こういう大きな葛藤の中、
この問題から発せられているメッセージをどのようにして捉えていくか。

そんな視点を提供する事。


色々な気持ちが渦巻きながら、
そしてワルシャワでの経験を思い出しながら、
色んな感情が溢れて泣きそうになりながら
淡々と準備しております。

・・・・・・

写真を集めていたら、頂いた写真の中に
「dayaがいるよ」と。
よく見たら本当だw
スモールグループの参加者と共に歩いているわ。(笑)


10289952_10203537026692109_1894042678917544414_n.jpg


この図書館の中で、
ミンデルとちょっとしたプロセスがあり、
おしくらまんじゅうをしたのですが、
弱気になるとその時に言われた事を思い出します。
そして少し元気になって、
また頑張れるのです。

DSC06117.JPG
・・・・・

ちなみに、
これは国立大学の図書館なのですが、3年前に新しくなったとかで、
それまではワルシャワの図書館では自由に本を見る事ができず、
引き出しの中にある膨大のカルテの中から本の情報を取り出し、
それを転記して受付のかかりに渡すとその本だけを出して来てくれて、
1日だけ貸してもらえるのだそうでした。
「借りるかどうかを、実際に本を触りながら決められるなんて!
情報にフリーにアクセスできる!」
と喜んで興奮気味に話してくれた参加者の表情と
自分の世界とのギャップに驚きを隠せませんでした。
「日本にもいろんな制約と抑圧があるけれど、
それはすごい抑圧だったね」と返したら、
「え?抑圧なの?
それは言われるまでそう感じなかったわ!
それが私にとって、当たり前だったから。
でも確かにそうね!でも今は自由よ!」
と。

・・・・・

そう。私たちは抑圧されてる事はあまりにも当たり前すぎてわからなくなってしまうのです。
それが怖い。
その当たり前の枠から出てみること
当たり前を壊してみる事で、
やっとわかることがある。
日本のこともそう。
私は8歳でその枠組みから出ていく人生で、
どこかの文化や社会にアイデンティティを持てなくなってしまい、
それを恨んだ時期もあるけれど、
自分のグローバルな経験と視点のランク(特権)を改めて、
リアルに痛感した瞬間でした。
そんな経験談や視点も、報告会では分かち合っていきたいです。
まだまだ受付中でございます。

worldworkreportage.jpg

【7月6日】
ワルシャワ ワールドワーク 報告会

http://deepdemocracy.center/?p=75
posted by Daya at 19:10| Comment(0) | 想うコト・考えるコト

2014年06月25日

もっと使えるようになる!夏合宿開催決定!

日常で使えるプロセスワーク講座ももう4回目となりましたが、
すでに皆さん日常での意識が変わり、筋肉とセンスがついて来た模様…

「プロフェッショナルじゃなくていい。
ほんの少しでも、目に見えている、一つの視点や考えから解き放たれ、
多面的、多次元的に物事を捉えていけるセンスを持てるようになれば…」

そんな願いがこの講座にはあります。

先日のグループワークの会、そして午後のプロセスワーク講座では
とても深い、静かな社会の問題でもあり、個人的でもあるワークをホールドできる仲間たちがいました。

力強く、嬉しく感じました。


そしてついに…
「日常で使えるプロセスワーク講座」と「女性の智慧勉強会」に
出ている方々と合宿の開催が決定!

<もっと使えるようになる!
日常で使えるプロセスワーク講座夏合宿>


楽しみです!
特に、関係性のワーク、アタックトレーニング、インナーワークあたりは重点的にやっていこうかなぁと思っています。

まだ締め切っていませんので興味のある方はぜひご参加ください!

1泊二日の部分参加も相談に乗りますのでメッセージください。

参加資格は上記2講座の経験者限定となります。ご了承ください。
posted by Daya at 06:11| Comment(0) | プロセスワーク

2014年06月05日

ワールドワークの報告会・開催決定!

ワルシャワのワールドワークから戻って来て約1ヶ月が経ちました。
日々の中であの体験は忘れた事はありません。
1日の中でふとしたときに思い出しては考えています。

最近やっと少しづつ、ワールドワークの本格的な振り返りをしているところです。
言語化してみたり、ノートを見返してまとめてみたり。
当事者として、ファシリテーターとして、あの場で起きた事をもう一度咀嚼したい。

この度、ワールドワークの体験を日本の皆さんにシェアする機会をいただきました!

「葛藤の中にみる、希望と勇気。
〜ワールドワーク 2014@ワルシャワ報告会〜」
http://deepdemocracy.center/?p=75


worldworkreportage.jpg

ワールドワークでの体験を通してまなんだこと、その手法の可能性を紹介しながら、
ディスカッションタイムではみなさんと一緒に様々な葛藤について、
そしてその中にみる希望と可能性について検討していきます。


自分にとって響いたことを思い出しながら、
日本のみなさんにはどこが1番必要とされているメッセージなのかを考える作業はエキサイティング。

ヨーロッパで行われた、しかも第二次世界大戦の主な舞台ともいえる、ポーランドで行われたワールドワーク。
今回は民族や土地、迫害、権威からの抑圧、内的抑圧など、過去、そして現代における様々な社会問題、個人の問題についてワークされました。

個人的には、ドイツ人の人たちのワークの部分はいつまでも、深いし、
それがハプンしたことはとても感動的。思い出しながら泣きそうになります。
きっと報告会当日には少しお話しすると思います。

沢山の参加をお待ちしています♪


posted by Daya at 21:06| Comment(1) | お知らせ

2014年06月01日

6月の女性の智慧勉強会、申し込み受付中です

自分の色んなパワーをもっともっと使えるようになりたい!
そんな向上心のある女性たちから声があがり、
この勉強会が発足しました。

身体を動かしたり、
瞑想や体感ワークなどを通して自分自身とつながり、
様々な気づきと学び、自己成長を重ねています。

セルフメンテナンス、自己開発の場として活用してください。

定期的に開催していますが、単発参加も可能です。

みなさん、自分軸ができて落ち着きが増し、
「いい女」にぐんぐんなっていってます。

内面から輝いている女性になりたい方はぜひトライしてみてください。

お申し込み受付中です。

詳細はこちらから

http://kokucheese.com/event/index/166805/

posted by Daya at 23:15| Comment(0) | お知らせ

2014年05月05日

ワールドワークから戻り、基礎講座4期がスタートします!

あっという間に5月になり、dayaは先日ワルシャワで行われたワールドワークセミナーから帰国しました!

今回からはスタッフ参加をさせてもらい、今度は場と参加者をホストしていく側としてワールドワークに関わり、
新しい経験と学びを沢山得る事ができました。

そして、改めて、ワールドワークの可能性、
私のワールドワークに対するパッションなども再度確認し、
この世界をよりよい場所にするために自分が自分のこととしてできる事をもっと模索していきたいと思いました。

いつかどこかでこの話も皆さんとシェアしたいと思いながらも、
どういう形が一番望まれているのか、
どういう話にみなさんが興味をもっているのかなど教えて頂けるとお応えやすいと思います。



少なくともこれから開催される様々な講座では
経験談や新しいワークなども取り入れ紹介していく予定です!


さて、直前のリマインドですが、
明日は「女性の智慧勉強会」の日。
毎月自分のメンテナンスのために女性たちが集まり、
自己理解、メンテナンス、そしてグループダイナミクスを体験し、パワーにつながる時間を過ごしています。

https://www.facebook.com/events/613450382077518/?source=3&source_newsfeed_story_type=regular

そして今週土曜日から、
いよいよ「日常で使えるプロセスワーク講座ベーシック4期」がスタートします!

クローズの仲間で6回にわたりプロセスワークの基本的な考えを学びながら
日常の生活で使える筋肉とセンスを育てます!
グループワークができるようになる事をめざし、体感的な学びを提供しています。

本は読んでいるけど、難しくてなんとなくまだわからない。
プロセスワークを体感的に学びたい、身につけたい。
などという方はぜひご参加ください。

あと数名、受付可能です。

http://kokucheese.com/event/index/158890/

また、毎月偶数回の時には、
リピーターの方&4期受講中の方などdayaの講座受講をされた事がある方向けの
「グループワークの会」を開催することになりました。
グループワークの練習や、関心のあるテーマを皆でワークし、力をつけていきましょう。
詳細はこちらです

http://kokucheese.com/event/index/159315/


どこかでお会いしましょう〜♪

posted by Daya at 22:40| Comment(0) | お知らせ

2014年03月30日

体感重視主義?

Meera とのプライマルペインティングのグループを体験して1週間。
私たち親子の間に微妙に変化が訪れている。

meera_lynn2.jpg

笑いが増えた。
素直に抱きついてきたり、だっこしたりとスキンシップが戻ってきた。
家の仕事をやるようになった。

一番大きいのが、
1対1の、どこか対等な感覚の関係性に変化した。

なにがどう影響したのかはわからないし、正直どうでもいい。
でも、これまで息子は2回、色を通しての体験をしている。
1回目はスイスのシュタイナー系のアートの先生であり、アートセラピストでもあるメンターの恩師に息子が6回のレッッスンを受けた。
日本では「にじみ絵」とか言われてるらしい、濡れた紙の上に色をのせていく。

当時、父親とはなれた寂しさなどをぐっと奥底にこらえているような印象を持っていた2年前のこと。
流さない涙の代わりにおねしょがなかなかおさまらなかったりした。

6回のレッスンを受けた後は、
まだ彼は父親の話を先生にしたがらなかったらしいけれど、
それでも彼は怒りを表すようになった。
泣くようになった。

なにか、彼の奥底のブロックのようなものがゆるんだ気がした。


今回のプライマルペインティングでは、
大人がワークしたり瞑想している間は外で自由に遊び、
Meeraがうまくリードしてくれて絵を書く事だけは参加していた。
絵を描くといっても、直観的に色で遊ぶのだが、好きに書いていいよ、絵を描きなよ、くらいで
あとはほっといてもらえた。

meera_lynn3.jpg

あるエクササイズで親子でペアを組んでワークをして
私たちはお互いがいかに相手に期待をして、
ダメ出しをして、
他者と比較をしているかに気づき、
振り返りのシェアリングの時に親子でそれを確認した。

「つまり、こういうことは親子でやらないほうがいいね。」
とか
「期待するね、どうしても」

ということが、体感を通したあとに言葉で確認し、合意がとれた。

Meera は本当に自由にしてくれるので
私たちはその自由な感じを家に持ち帰った。

私はどことなくいい加減になり、力が抜けて
息子は逆にしっかりしてきた。

なにが、どうなったのかはマジでわからないけど
でも大きく変わった事だけはわかる。

私が色やアート、そして体験していくことが
その人に与える影響を信頼しているのは
こういう実体験に基づいている。

一見関係なさそうな事でも、体験する事でナニカが動いていく。

それはでも、実際に動かないとだめで、
考えているだけだったり、
語ったり、
勉強してるだけでは、
残念ながら何も起きない。

shake the field

場を揺らす。

そんなイメージを常にもっている。

体感重視主義。

自分の中で譲れない軸。
そんなことを再確認した日でした。


posted by Daya at 01:20| Comment(0) | 想うコト・考えるコト

2014年03月26日

イマ・ココの自分に立ち還る

ひょんな流れで、ヘルパーをさせてもらうこととなり、
MeeraのOSHOペインティングのグループに親子で参加してきました。

IMG_3036.JPG

2泊3日の、プライマルペインティングのグループ

子どもにかえって、自分の創造性と出会う時間。

それには、自分の奥底に刷り込まれている、小さい頃からのパターン、
幼児期の体験や見ないようにしてきた悲しいや痛みと否応にも向き合うことになります。

それを通して自分のウチなる子どもに再会し、
はじめてそこで解放していく事がでるのです。(Dayaの理解)

IMG_0516.jpg



昨年の能登の夜桜

今年はポーランドのワールドワークにいくので断念したのですが、
毎年行われている能登半島で行われるOSHOライフトレーニングをぜひ紹介したいです。

一週間、能登半島の素朴な土地で桜を描きます。
瞑想、
家族の座をはじめ、様々なワークなどもしますが
なによりも、桜の木と向き合い、色や筆を通して
自分の内側とひたすら向き合う数日間…

とてつもなく大きなブレイクスルーがった
昨年の体験は今もよく覚えています。

アートセラピーとはまた異なる、
瞑想としてのアートを通して自分と出会い、
解放していく時間は本当に貴重でした。

「Dayaさん、これ以上なにをみつめるんですか?」と
講座の参加者の方に尋ねられましたがw
自分というものは本当に奥が深い。
まだまだ、これからもみつめていきたいです。


最初の一枚は本当にかけなくて、
落ち込んでしまったり、悔しかったりと泣きながら全部真っ黒に塗りたくった。

そこに自分の色々な事柄にたいする根本的なパターンをみつけ、
愕然としました…

悔しさとともに、ただ真っ黒に紙を塗りたくる…
そんなことすら、子どもの頃からちゃんとしなくちゃいけないと思っていた私は自分に許してこなかったけど、
能登ではとことん怒って、ムカついて、悔しがって、泣いて、
そして次に進んでいける。

そういうプロセスから夜桜が生まれ、
私の中の闇に対するこれまでになく深い受容が起きて…

IMG_0456.JPG

沢山色々なことを体感して
最後のほうに描いた桜の絵の一つがこちら。


IMG_0510.JPG

これは本当に楽しんでかけました。

そして、私のFacebookのトップページに載せてる写真が一番最後に描いたものです。
これは桜を眺めていると
自然と樹がどうかけばいいのか教えてくれたんだよねー。
不思議な体験でした。

https://www.facebook.com/daya.mia1


あれは本当に必要だったんだなぁというプロセス。

いつか機会があったら桜の絵の実物、どこかで見てもらいたいです!


このグループはアートを教わるのではなく、
自分の内側から溢れてくるような状態になるまでただひたすら信頼し、
イマココにいるフィールド。
そこを最も信頼して見守っていてくれるのが、グループリーダーのMeeraなのだと思う。

彼女はとても個性的で、
彼女が彼女らしくいてくれることで私たちもそれぞれ自分らしくいることが許されていて
本当にありがたかった。

なぜかMeeraの場ではこどもっぽい顔になるDaya

IMG_3045.JPG

過干渉な母親の元で育った私は、
やっとほっとかれて、自由に好きにやらせてもらえるという体験をしっかりと味わい、
その後の子育てやグループにもとても影響がありました。


さて、自分もそんな体験がしてみたい!と思った方は
こちらをチェックしていてくださいね。

大げさじゃなく、彼女のワークは人生に1回は経験しておいたほうがいいと思うよ!

IMG_3035.JPG


=======================================
OSHOライフトレーニング with Meera
https://www.facebook.com/events/578757612201942/?fref=ts


◎高尾山でのグループは終わりましたが、
能登のグループも、まだ参加可能です。
初めての人で全日の参加が難しいという人は、最初の3泊4日〜の部分参加もできるそうです。
グループを既に受けたことがある人は3泊4日以上、途中からの参加も可能です。
 
 ★参加費:178,000円 (受講料・画材費・宿泊費・食費込み)
   (3泊4日 89,000円、4泊5日 111,500円、5泊6日 134,000円、6泊7日 156,500円)

※場合によっては、分割払いもご相談にのってもらえるそうですよ!
=======================================

私はワールドワークにいくか、能登に行くか散々迷いましたが、
夢をみたのでポーランドに行ってまいります!

でも、3日間のワークに息子と参加できた事は本当によかった。
昨年、プライマルペインティングを体験した時、
これは息子にも一度味わってもらいたいな!
Meeraにあってもらいたな!と思っていて、
それが自然の流れに任せていたら叶ってしまった。

息子はとても自由なエッセンスをグループに持ち込んでくれて、
他のみなさんはそれをとても歓迎し、喜んで自分のこどもとつながるきっかけにしてくれた感じで
最初躊躇していた息子も最後は「楽しかった!みんないい人!」といって帰宅しました。
(12歳でOSHOのワークを受ける事ができるラッキーなヤツ…)


ちなみに、息子は絵を描いている他は外で遊び、
落ちていた木材で弓矢を作り、改造してめっちゃ飛ぶようにして、
カエルの卵がうじゃうじゃある水たまりを3こ見つけて、
そこからカップで他の側に卵を移動させ、
靴をドロドロにして、
絵を描くよりも、紙コップに色を塗ったり、
絵の具をバケツの水に入れてその広がりに感銘し、
「緑の色はあまり広がってくれない」など色の特徴と出会い、
エクササイズでは一番執着のない子どもエッセンスを披露してくれて
沢山の参加者と友達になり
キラキラしていました。

そんな彼のカップの作品


IMG_3031.JPG


ビビビときた人はぜひ能登へGO!
そしてぜひ感想を私にも教えてね。


posted by Daya at 00:14| Comment(0) | art

2014年03月16日

受付中!4月5日(土)「集団理解に導くプロセスワーク講座」

4月5日(土)に好評だった、
「集団理解に導くプロセスワーク講座」の第二弾やります。

前回はもりあがりすぎて1時間延長したんですよーw

詳細はこちらをご覧ください♪
http://kokucheese.com/event/index/158051/

プロセスワーク、少し知ってるけど実際はどうやって現実に活用していくかを理解して頂けるかと思います。
必要な人、興味ありそうな方がいましたらぜひつなげてくださいね。



・・・・・・・・・
【Daya 近況報告】

写真は昨年の井の頭公園。
明日はこの近くで個人セッション三昧です。

100514_095553.jpg


4月末にワルシャワにいってきます。
ワールドワークという、世界の問題についてワークをするプロセスワークの大会に参加してきます。

久しぶりの海外。
久しぶりのワールドワーク。
今回はスタッフとして参加しているのですでに準備段階からワークは始まっていて色々と考えちゃいます。

女性の智慧勉強会も盛り上がってます。
前回は3月8日、国際女性DAYでした。
私たちの会にもアメリカ人の女性が参加して2カ国語でリードしました。
通訳もはいって、まさに国際的な感じを三鷹で味わい、
皆で最後はグループワークをして日本社会における女性の社会進出の縮図をみました。
女性同士がどうしてもっと協力しあえないのか。
私たちが巻き込まれてしまっている、資本主義社会のトリッキーな構造などがみえて
皆で「ひぃ〜!でも、あるある!」とまた一つ理解を深めました。

次回は5月10日の土曜日です。

また、5月からは「日常で使えるプロセスワーク講座」の4期がスタートします。
日程が決まり次第、こちらでもお知らせしますね。
1回目は5月17日を予定しています。

今週末は引っ越してしまう友達たち3名から色々と使えそうなものを引き継いだのだけど、
息子と「ほしいね!」と写真までとっていたソファーがもらえたのは
これまでの引き寄せの中でもかなりランク高いものでしたw

おかげで急遽家のあちこちを模様替え。
春らしく、心機一転した感じです。

必要なことはちゃんと起きてくる。
私たちはそれを信頼すればいいだけ。

ではまた。
posted by Daya at 01:17| Comment(0) | お知らせ

2014年03月06日

美しい瞬間「女性の智慧勉強会3月」

深夜のつぶやき…
夜中が大好き。
身体には負担だって知ってるけど。
自分の闇や静けさや、言葉にならないあれやこれも
深夜にはスペースをもらえるような気がする。

2013-07-16 19.23.52.jpg

・・・・・・・・・・・
今日友達と話していて思ったこと。

長年、他人に自分の一部のことを(あえて)話さない(話せない)のっていうのは、ずしんとしたボディーブローのようなダメージを与える。

不安、恐怖、怒り、エキサイトメント、LOVE、生きる力などなど。色んな気持ちのエネルギーが身体の部分に蓄積されていく。

タッチのワークをしていたり、プロセスワークのセッションとかではそういうことも浮き彫りになってくる。

そのずしんとした重みを、どこかで、なんらかしらの形で解放できると、自分の本来の身体がどれだけ軽いかを感じられる。

セッションした後に身体が軽く感じたり、
部屋が明るく感じたりするのって、そういう抑圧されていたナニカが解放されて風が入ってくるイメージなんだよねぇ。

自分の軽さを知っていると、当然重みにも気づきやすくなる。

色んな自分を知っておくってことは、本当に人生のあらゆる側面において力になると思う。

あなたは、自分のことをどれくらい知っていますか?
毎日、自分と出会ってますか?

ここ数年、沢山の女性たちとワークを重ねてきて思うのは、
自分の真実とつながった瞬間に、
その人が内側からキラキラして、
自然美、というか芯のある美しさがわきでてくる。
まさにスッピン美、みたいな綺麗な表情をする。


女性性の柔らかさ、ソフトな部分と
男性性の芯の強さ、たくましさがバランスよくマジあった時、
その女性は本当に綺麗。

人間って綺麗だなーと思う瞬間。

それをみてきた者としては、

身体が固まっていたり、
不安に飲み込まれていたり、自分が信じられなかったり
自分を否定していたり、諦めているような、そんな女性たちをみるともったいない!
って思ってしまう。

女性にかぎらず、
転職相談してても、学生の相談乗ってても、
どうして皆、外に答えを求めるの?って思ってしまう。
基準も評価も全部外。
あなたはどうしたいの?
わかってるくせに、なんだか不安でいっていいのかなって思ってる。

誰がそうしたの?
どこでそんな不安、すりこまれたの?

日本社会で育っていないけど私もずっとそうだった。
だから苦しいほどわかる。そのジレンマ。

私はそんな自分が嫌で嫌でたまらなくてもがきつづけた。

その結果、色々と内側と出会う筋肉もついてきて
そのジレンマから抜け出す瞬間が増えていった。


知っていましたか?
私たちは自分が思っている以上にパワフルなんだぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女性のためのセルフメンテナンスの時間を設けています。
勉強会として、女性たちが主体的になって継続的に行っています。
単発参加もできますよ。
興味のある方はぜひ参加してみてください。

「日常で使える!女性の智慧勉強会3月8日」

http://on.fb.me/1garB6p

自分で言うのもなんですが、

なによりも楽しいし、
深いところまでドボンとだいぶするのでエキサイティングでっせ!

みなさん、お風呂上がりのような顔してお帰りになってます。

(★女性限定でかきましたが、男性にもそれは当てはまりますぞ!)

posted by Daya at 02:51| Comment(0) | お知らせ