こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2010年01月20日

3回目のブランチトークは瞑想とセラピーについて語るのだ

2月6日のブランチトーク。

ゲストはオトモダチのあぷるば(APURVA)


http://www.takeit-easy.net/pg110.html

彼女とは同じ師匠マンガラのところで出会いました。

ヘルパーだった彼女は、

「サニヤシンってナニ人?」と、

OSHOワールドに(知らずに)初めて足を踏み込んだDAYAを

そぉっと見守り、アドバイスしてくれている大切な友人であり、

瞑想の大先輩です。

プロセスワークをやっていたDayaは、OSHOの瞑想がすごく好きで、

最初からサニヤシンの人たちと違和感がなく過ごしていたのだけど、

おもしろいのは彼女をはじめ数名のサニヤシン友達は、

プロセスワークや他のセラピーの話をしても

OHカードで遊んでも

「ふん、ふん♪」と問題なく付き合ってくれちゃうこと。

あぷるばには彼女の鋭い数秘とタロットリーディングの腕で

子育て相談や、進路の相談もしていましたが、

最近二人でよく話しているのは

セラピーと瞑想の関係性というか、

バランスというか。

参加したことのある人はご存知かと思いますが

Dayaのワークは瞑想をベースに、プロセスワークの手法を使って

感情の開放や変容、気づきと成長のワークを行っています。

やはり、瞑想をワークに取り入れないと、

どうしても思考(マインド)での解釈、

現実認識の変化はできても

深い感情や、体感などをがっちり扱えない、というのが私のスタンス。

少しでも身体とつながり、言葉ではなく

感覚や動きなどでジブンとつながっていくことを多くやっています。

最近はOHカードBASICでまで瞑想してるよ(笑)。

そこらへんの話をあぷるばと共に語り合いたいと思っています。

今回はやっと、三鷹に定位置になりそうな素敵な場所を見つけました。

その代わり、開始時間が11時に変更。

定員は6名にします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【2月6日(土)】ブランチトーク <セラピーと瞑想について>

ゲスト 数秘・タロットリーダー APURVA(あぷるば)

 日 時: 2月6日(土) 11:00〜14:00
 場 所: 三鷹駅のカフェ(お申し込みのあった方に詳細をお伝えします。)
 参加費: 2,000円 +各自お茶&食事代
定員: 6名

お申し込みは、daya.session*gmail.com

(*を@にかえてね)


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


【ゲストプロフィール】

APURVA(あぷるば)
学生時代にデザインを学ぶ一方、インドの神秘家OSHOの元で1990年から瞑想の道を歩み始める。インドと日本でペインティングを始めとする、各種ワークショップを学ぶ。卒業後デザイン事務所を経て、タロットとヌメロロジーの第一人者マンガラ・ビルソンより、直感を生かすためのツールとしてタロットを使うことを薦められて師事。2005年よりマンガラのワークショップのアシスタントを勤め、2007年より本格的に個人セッションをスタートさせる。

posted by Daya at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想

2009年10月23日

願うのも自由・受け取るのも自由 <幸せの受け皿を育てる>

オーガナイザーのハナチャンと話をしていて、

ふと、思いついて早割りの値段を口に出したら

すごくワクワクしてきたので

そのままGOにしました。

ものすごい早割り。

これをキャッチしてくる人はどれくらいいるんだろう…

木蘭さんの日記には

「感性の泉プロジェクトvol.2 先ほど決定いたしました。

今月中にお申し込み頂くと、とってもお得!

迷ってる暇なんてありませんよ!!

私の思いは後ほど。

DAYAの気が変わらないうちにアップです。(笑) 」

  

だって。

防音の部屋もばっちりとれてます。

ふふふ。

ジャージか着替え持参だよ。

かもーん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感性の泉プロジェクトvol.2

願うのも自由・受け取るのも自由

<幸せの受け皿を育てる>          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感性の泉プロジェクト。

キーワードは、「わくわくが止まらない!」

前回、ヴィジョンメイキングをvol.1でやって、

参加した人は自分が本当に何を求めているのか、

もしくは自分が本当に心から望んでいることをみつけていくことについて

体験してもらいましたが、参加した方、どうですか?

ヴィジョンに向かって進んでいらっしゃるかしら?

さて、ワクワクすること?といえばやっぱり

「いいこと」があるとワクワクするよね。

で、いいことを願うんだけどそこでまたチャレンジングなのが

「これがほしい!」と思っても「でもわたしなんて…」とすぐに続いたり、

「こうなったらいいなぁ…」「叶っちゃったらみんなにどう思われるだろう?」と

気になったりしません?

つまり、私たちは願っても、自分はそれにふさわしい、

それに値すると思えてない場合があります。

願ったことを、ちゃんと受け取れる自分を育ててみませんか?

っていうか、受け取る準備がないと、願ってもこないよ(笑)

手に入らないのは、自分が受け取っていないのか

本当にそれを望んでいるのかを

見極める必要があります。

多くの人がやっているのは、

「ほしいんだけど、でも自分にそんなことおきる分けなくて、

でもやっぱり他の人がうらやましくて、

そしてそういうのって特別な人しかできないんだろうなって思っちゃって、

やっぱり自分はだめだろうな、

でもやっぱり諦められないし、うらやましいよぉ…」

どっちやねん!

Dayaは思います。

ほしいならゲットすべし。

でも自分が何をしたいのかわからないと話ははじまらない。

「自由意志の法則」って聞いたことあります?

私たちはなんでも自分の(無意識を含む)意思で選択できるんです。

願うのも自由、受け取るのも自由。

でも主体である「わたし」がどこにいるのか、

何を望んでいるのかわかってないと軸がない。

そこで!

今回は

自分の軸をみつけてみませんか?

幸せのを受け取れる自分を育てるヒント、お伝えします。

***************************************

【日 時】 2009年12月06日(日) 10時〜18時

【場 所】 会場:札幌駅周辺

【参加費】 16,000円 

(10月中に振込済みの方、10,000円)

【会 場】札幌駅付近 (問合せ、お申込のあった方に会場をお知らせいたしま

す)

     JR線および地下鉄南北線・東豊線 札幌駅徒歩5分程度

【講 師】 DAYA (武田美亜) http://shantidaya.sblo.jp/

      ファシリテーター、セラピスト、OHカードジャパン代表 

【お申込】 以下のメールフォームからお申し込みください。

      http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P18567431

もしメールフォームが上手く送信できない場合、木蘭までメールでお申し込みく

ださい。 

      Mail: alice-blue★@jcom.home.ne.jp

         (★を抜いて、送信してください)         

   

 メールに、氏名/メルアド/携帯/動機/OHカード経験/DAYAのワーク経験の

有無/

        を明記し、メールの送信をお願いいたします。

***************************************

posted by Daya at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想

2009年10月15日

ワタシがこれまでの人生で一番時間を費やしてきたことBEST3。

あるセミナーでの問いかけ。

これまで一番時間を費やしてきたことは?

面白い質問。あなたもぜひやってみて!

Dayaの回答はこうでした↓

1)生きる意味について

なぜ、私は生きているのか。なぜ人は生きるのか。

2)相互理解について

どうしたら、違う立場の人たちがお互いに理解したり共存したりできるんだろうか。

3)見えないものも存在してるんじゃないか

4)第二次世界大戦でのユダヤ人虐殺について

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多分、こんな感じ。

そして今、生きることをかみ締めながら、

生きてる実感を感じてもらったり、

それぞれのパワーを引き出していくようなお手伝いを仕事にしている。

そしてファシリテーションを仕事にしている。

そして見えないものとも対話しているw。

そしてイスラエルでユダヤ人たちとパレスチナ問題について語っている。

特に、ファシリテーションは勉強しました。

自分のワークも沢山やってきました。

そしてこの二つはとてつもなくつながっているのです。

そんな話をしていこうとメルマガでは思っています。

◆ファシリテーター DAYAが大公開! <"場"をみるチカラ>

 http://archive.mag2.com/0001029622/index.html

さて、でファシリテーションのスキルとか、

いろんな自分の中で起きていることにきづくスキルとか、

場の見方とかをもっとシェアしていきたいなぁとおもっていたところに

そういう話を毎週スカイプでしている

アメリカはポートランド在住の大の仲良しのミキオさんが来日することに。

ちょうどグループワークの企画があったので

一緒にファシリテーターをお願いしました。

でもグループワークだとファシリテーションに忙しくて語れないんだよね(苦笑)。

というわけで、

トークの場を設けました。

ミキオさんは10年以上も禅をしている人です。

そして一時はDayaと同じOSHOという瞑想の師匠の弟子でもありました。

プロセスワークも、同じ修士のコースを終了。

話が合うわけだ。

でもタイプはまるで逆。

陰陽のようです。

ファシリテーションについて話しが聞きたい人、

グループワークを体験してみたい人

ぜひきてね。

これらの企画は他のセミナーと違いお値段もリーズナブル。

気楽に参加してもらいたくて。

まってまーす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企画1 ≪ブランチトーク≫ MACF修了生の仲良し2人が語ります♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日 時: 10月24日(土)11:00〜13:00

場 所: 吉祥寺・三鷹周辺

    参加申し込みをして下さった方に詳細をお知らせします。

参加費: 2,000円 (事前振込)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企画2 ≪どこでもファシリテーション倶楽部 其の1≫

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日 時: 10月25日(日)13:30〜16:30(開場13:00)

場 所: 杉並区内の施設 (最寄駅: 中央線、丸ノ内線 荻窪駅)

    参加申し込みをして下さった方に詳細をお知らせします。

参加費: 3,000円 (事前振込)

ファシリテーター: Daya

コ・ファシリテーター: 大串幹夫

問合せ・申込み: takakoi@est.hi-ho.ne.jp (タコ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 大串幹夫(かまきり)プロフィール

1953年東京生まれ、オレゴン州ポートランド市在住

アメリカ人のつれと結婚22年、20歳の娘と17歳の息子あり。

MACF第一期生。仏教徒。

一人でいるときの自分と人といるときの自分の間に

つながりを作っていくのが当面の課題。

ブログでその辺を追求中。

【mixi】 http://mixi.jp/show_friend.pl?id=2544374

【blog】 http://processkamakiri.blog109.fc2.com/

posted by Daya at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想

2009年03月13日

どこにむかっているのだろう…

なんか、全力で走り続けて

進もう、進もうともがいている。

そんな感じがする瞬間があるとき、

ふと自分で不思議になる。

「自分は、どこに向かおうとしてるんだろう?」

「そもそも、人生ってそういうものなのだろうか?」

進もうとすると、自分の身に起きる大変な出来事は

進む時の「ジャマ」になったり「障害」に感じたりするし

沢山つづくと、まるで隕石がワタシに降りかかってくるような、

人生を呪いたくなるような気分にもなってくる。

うんざりして

げんなりして

力がなくなっていく。

そして、嬉しい出来事は

「成果」に感じたりして、起きると嬉しいけど、

逆に起きないとなにかが物足りなく感じるようになる。

なんかどちらにもいい・わるいの価値基準がセットになってついてきてしまうようなイメージだから

結局苦しくなっちゃうんじゃないかと。

自分がどこかへいく、というイメージよりも

自分はただここにいて、

起きていることを体験しているというイメージに切り替えてみるだけで

なんだか、ほっとする部分がいる。

前者のイメージはアクティブで、

自分でなんとかしなくっちゃという意気込みがあり、力がはいる。

後者のイメージは、いい意味でのあきらめというか、

大きい力や存在への降伏というか、

力が余計に入らない。

ワタシは自分の意思と欲がすごく強くて

しかもなんとかできてしまう、

生き延びてしまう、

手に入れるスキルもあって

これまでやってきたところがあるから、

ついつい前者のほうに傾く。

どちらがどう、とかじゃないし

どちらだけ、というわけでもないと思うんだけど

今みたく

ふと前のめりな自分にふと気がついたら

背もたれにふと、腰を落としてみる。

そうすると、いかに力が入っていたか

いかに、それで疲れてしまっているかに

気づくのだ。

いやー

人生、イロイロ、ですよ。(笑)

posted by Daya at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞑想