こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2010年04月03日

ほっこりする店&そしてまた素敵な漫画に出逢いました!

今日は夕方からムスコと三鷹まで買い物がてらお散歩。

ずっと約束していた練り消しを買いに街までいってきました。(街って…)

帰り道にふとたちよった古本屋さんは、

実は古本屋さんではなくてレンタルブック屋さんでした。

漫画とすこしの単行本がおいてあって、

もうお歳のおじいさんがかなりアナログにやっていました。

Daya的には響きまくった、大ヒットのお店。

漫画が多いので、もちろん子供たちが多くて、

そのこたちと昔の駄菓子屋さんみたく声をかけたりして、

地域にとって、この店は宝だな、と思いました。

ワタシもついつい借りちゃった♪

そしてそこで借りた漫画がまた大ヒットだったのです!

なんで、さっそくご紹介!

「夢」がキーワードなんだけど

ワタシが「夢」について考えていたり、

体験していたりするものと近かったりするせいか、

読んでて嬉しくなっちゃいました。

機会があったら読んでみてね!

posted by Daya at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2010年01月29日

うれし涙。

読んでて、嬉しい言葉がある。

沢山、最近もらってる。

メールやメッセージやコメントや手紙。

みんな、ありがとう!


書いてるとき、

その人は相手とつながって、

時間とエネルギーを使って、

その人の事に気持ちと想いをチューニングしている気がしている。

だから、メッセージをもらうとすごく嬉しい。

関係性が大事な人なので、

つながれただけで、冷え性がなおっちゃうくらいな人なので、

メッセージはもらうたびにビック・プレゼント。

今さっきももらった。

こんなプレゼント。

「プロセスワークをちゃんと研究した彼女
プロセスワークという実体を知らないワタシ
それでも、お互いの生き方や想いがトランプのシンケイスイジャックみたいに合わさって
この本が出来上がった。
ワタシはそう思う。」


http://wakanabox.jugem.jp/?eid=376

あなたは、そういうところに目が行く人だよね。

あなたは、そういう表現をするひとだ。

ワタシは、そういうところが好きなんだ。


嬉しくて、涙が流れた。

嬉し涙。

出会いに感謝。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

命の恩人でもある針の先生に、報告かねて本を差し上げて、

彼女との出会いを話したら

「一生懸命やっていると、

そういう出会が起きるよね。

きっと、その人と宇宙次元で、波動的にであったんだろうね。」

って。

身体をケアしながら、宇宙とつながってる人だなぁと

つくづく感じた。

先生との出会いも、そうとうなギフトなんですけどねw

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひとりひとり、ワタシがつながっている人たちと

沢山のご縁とタイミングとシンクロを

感じています。

毎日、瞬間瞬間に。

日々、感動。

日々、祝福。

「無い」と思ってみると、そこには何も無い。

「ある」と思ってみると、そこにはいくらでも、ある。

OHカードを通して体感したこと。

それを、カード抜きでも世界にできるようになったら

あらまぁ、なんてリッチなの、世界は。

あらまぁ、なんてリッチなの、ワタシは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★写真は
わかたまごちゃんにかいてもらったClaro。
誕生日の記念に。

さっそく文字カードと合せて
37歳最初のインスピレーション。

なんと、ブランクカード!

自由に、いくらでもジブンでどうするか決められる。

そこに、どういう言葉をつけていくか

自由自在。

claroにブランクカード。

ぷぷぷのぷ。でした。

やっぱりOHカード、いいっ!

身悶えしてしまう。

posted by Daya at 02:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年12月25日

【沖縄記】物事をどうみるか。どう捉えるか。

自分のひきよせと土地のコーリング(よばれた)が

重なったのか、年末年始は沖縄ですごすことになりました。

プライベートな旅行だけど観光ではない感じ。

なにか、アル、なにか、する。

そしてこのブログにも発信することがありそうなので

何をシェアできるかわかりませんが、発信していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、

昨日、到着。

飛行機から降りたとたん、

ズン!と重い重力のような、引力のような力を感じて

土地に引っ張られたような感じがしました。

「なに?」と土地につながってみる。

いろんなシーンをみせてくれました。

エッセンスとしては

アメリカ(兵)

本州

土地の神

沖縄の文化

悔しさ

あっけらかんとしたところ

力強さ

素朴さ

などなど

政治とスピリチュアルがこんなにもぐじゃぐじゃに混ざっている

マーブル上のエネルギーも興味深いし

そこはイスラエルとちょっとにてる。

沖縄の空はとてつもなく広い。

雲も東京と違う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レンタカーの会社が空港まで送迎してくたのですが、

結構沢山の人たちを乗せていて、

つまり、集まるまで時間がかかるわけで。

隣の人がイライラしてるんです(苦笑)。

「なにやってんだよ」

「なにもたもたしてんだよ。」

「ちゃんと仕事しろよ」

「だから安いんじゃない?」

「あぁ、もう最悪」

とかいいながら、

ブツブツ、ずっとイライラしてる。

隣にいるとそのイライラするエネルギーがこちらにまで

ふるふるとやってきて、

そっちのほうが迷惑なんですけど、みたいな。

っていうか、

あなたが

そうイライラしたからといって、

車は別に早く出発しないし、

その人たちは、

てきぱきと仕事をするようにはならないと思う。

この本を紹介したくなりました(笑)。↓

だからここで紹介しよう。そうしよう。


子どもにも教えておいたほうがいい、

宇宙の法則の基本中の基本がかいてあるし、

実践するのに一番やりやすい。

そしてとてつもなく3次元の世界、

いわゆる「現実」とよばれているものだけを

信じている人たちにも

理解しやすい言葉で書かれていますので

ぜひ一読してみてください。

(と、となりにひとにいいたかった。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

車が発車してもそのグチはとどまることなく、

隣に座ってるものだからあまりにもうるさい。

苦情を言おうとも思いましたが

一応仕事はOFFモードだし、

頼まれてもいないし(自由意志の尊重)

それもめんどくさい。

というわけで、空の写真を沢山とって感激しまくっていたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レンタカー会社に到着。

みんなはなだれのように、ダダダーっと

カウンターへ走っていく。

急いでるもんだから子どもに怒鳴る。

「さっさときなさい!」

「荷物もって!」

夫に怒鳴る。

「タバコすってる暇があったらならんでよっ!」

隣に座っていた男性もほかの子どもを

小走りで追い越しながらカウンターに走っていきました。

そして並びながらもまた文句を言い続ける。

みんな、何しに来たんだろう。

楽しく、家族や大切な人たちと、

非日常な時間をエンジョイしにきたんじゃないの?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシ?

そんなのやっぱりめんどくさいんで。

最後でいいやー。

その間に、会うことになってる人に連絡。

掃除してる人に地図でホテルまでの行き方とかをきいて

あとはボーっと人間ウォッチング。

前の人の説明を一緒に聞いて、

自分の番になったときは

担当の人もすでに何回も同じことを話していたので

「さっき一緒に聞いていました。」といったら

すさまじいショートカットバージョンにしてくれた(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方の時間は、どうせ沖縄のメインロードは

すごい渋滞になるんです。

急いだら、一番イライラする時間帯。

だから逆に、

ゆっくり走って、

車が進まない間は外をみる。

違う文化を眺める。

音楽を聴いて、

ムスコとおやつをたべて。

アメリカ軍の基地がどれだけ多いかを実感する。

面白そうな店をチェックする。

そして気づいたらあっという間に

ホテルに到着。

イライラもしないし、

ストレスゼロ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さい頃、ワタシは「文句マン」で(苦笑)

だからバスの隣に座っていた人の思考も気持ちもすごくよくわかる。

だけど

そんなことしていたら

キリ無く文句はでてくるし、

なによりも一番気分悪いのは自分。

過去の旅行や出来事で

どれくらい、もったいないことをしてきたか!

それに気づいたのは数年前。

ご紹介した本をよんで、ぴたっとなくなりました。

変な、無理したポジティブシンキングはしなくていいけど

自分に優しくする大一歩だったような気がする。

ようは、物事を自分がどう感じて、

どう捉えていくか、

なんだと思うんです。

物事をみていくめがねは沢山あって、

イライラしている人は、イライラするめがね、欠点を見つけるめがね

でそのハプニングをみている。

それは別に事実じゃないとは思わないし、

それもひとつのリアリティだと思う。

でも別のめがねもある。

別の視点からだと、全然違って見えるし、

それに付随してくる感情も違ってくる。

私たちはそれを自分で選べるんです。

信じられない人や、

信じたくない人もいるだろうし

ワタシもそうだったけど。

まぁ、関心のあるひとはぜひ上記の本をよんでみてくださいな。

ワタシなんかよりも上手に説明してあるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は雨。

「のんびしりたい」といっていたわけなんだから、

無理に観光しにいかなくてもいいや、と

開き直ったからか、

ムスコにじっくりと宿題をさせて

ワタシはこうしてブログ書き。

お昼はいってみたい食堂にいくよてい。

食事は雨でもできるもんね。

(mixiにはマイミクさんオンリーでプライベートな日記かいてます。

「DAYA+」で検索してみつけてね。招待が必要な人は事務局にご連絡ください。)

posted by Daya at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年10月15日

【オススメ】知識や意識が刺激されます。

このブログでもっと沢山本を紹介していると思ってましたが、

そんなに、ですね。

どの世界で、紹介してたんだろう…(笑)

これから少し充実させていきたいです。

今日は短く、2冊ほど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆心もからだも「冷え」が万病のもと

川嶋 朗、集英社


冷えについて語っている本。

どちらかといえば男性の人向けに書いている気がする。

西洋医学の医師が

東洋医学やホリスティック医学の知識を紹介していること自体が

すばらしいし、

話も読んでてわかりやすかったです。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「差別と日本人」

辛 淑玉, 野中 広務、角川グループパブリッシング

対談式な上に、辛さんが区切りのいいところで解説を書いてくれているので

状況もわかるし、文体も理解しやすかったです。

在日と部落という当事者どうしでも、

それぞれ考え方が違っていて

にもかかわらず

シェアがちゃんとできていて

すごくよかったです。




posted by Daya at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年03月19日

【オススメ】とても救われた漫画

漫画が、大好きです。

ディスレクシア気味のDAYAも、

それならほとんどが、読めます(笑)。

数年前に、ものすごく救われる漫画作家さんの作品とネットで出会いました。

はじめて、感想を送るほどでした。

戸田誠二さんといいます。

「コンプレックス・プール」

http://www2.odn.ne.jp/~cbh42840/index.html

そのうち、カレの作品は出版されるようになり、

今は数冊店頭に並んでいます。

勿論、全部持ってます。

そして、落ち込んだときに、読みます。

嫌になったときに、読みます。

疲れちゃったときに、読みます。

そして、読み終わると

ふぅ…って。

なんか、

「楽になる」

とは違うんだけど

「ほっとする」。

そんな感じなのです。

日々、色んな痛みを感じる人間なのですが

そしてもっと明るくなれとか

気にしすぎだとか

いわれるのですが

なれていたら苦労はしないぜ。

そして、なれていたら、今の仕事はできていない。

だから、痛みを感じることは受け入れているけれど

この世の中、

人間世界、

痛すぎって感じる。

そんな時、ちょっとだけだれかに寄り添ってもらえたような気持ちになる。

私の中の、暗い部分、ぐじゃぐじゃした部分にもいていいんだと思える。

そんな作品です。

私は

「生きるススメ」

「しあわせ」

が特に大好きです。

  
posted by Daya at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2009年01月28日

〜この感動をあなたとも分け合いたい!〜 映画『1/4の奇跡』のススメ

OHパートナーのメミさんがブログで紹介している映画『1/4の奇跡』。

他の場所でもよく耳にしていて、

これは何かの情報だなと思っていたら試写会のお知らせが。

試写会ってものがなにかもわからずに(苦笑)、

会場が下北沢と行きやすかったのと、

日程が合ったので応募してみたら、いけることになって。

あぁ、今がこの作品をみるタイミングなんだな、と先週思ったのでした。

試写会って、無料なのね!!

知りませんでした。まるで子供みたいw…

流れのままに、みてきました。『1/4の奇跡』

養護学校教諭の山元加津子さん(かっこちゃん)が、学校で出会った子どもたちとの話、子どもたちの不思議な力の話、かっこちゃんが出会った人たちとのお話をつづったドキュメンタリー映画。

2月7日から下北沢のトリウッドという小さい映画館で上映開始です。

詳細はコチラ

URLはhttp://homepage1.nifty.com/tollywood/2009/yonbunnoichi/yonbunnoichi.htmlです。

(最近、母の世代の人たちが、文字にリンクを張っても気づかないことがわかったのでしつこいようですがURLものせます。)

ネタバレは避けたいので、こちらでは個人的になにがよかったのかをお伝えしようか思います。

続きを読む
posted by Daya at 11:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介