こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2009年10月28日

[詳細決定!!!]マザーワーク@札幌vol.4 次は嫉妬だぜ! 

ある日、

札幌のマザーワーク・オーガナイザー水緒ちんがいいました。

「次回のマザーワークは明るいテーマがいい…」(爆)

でも別の日、Dayaがいいました。

「次のテーマは嫉妬、にします。」

合意がとれるかドキドキでしたが

OHカードを使ったミーティングで

ちゃんと必要な流れがおきて

お互い盛り上がって

ついに詳細決定!

さぁさぁさぁさぁ!

今年最後のマザーワークです!

札幌だけにかぎらず、北海道中、にもかぎらず

東京からも関西からもほかのどこからでも

かかってこ…じゃなくて

ご参加お待ちしています!!!

「Daya会」という名のプチイベントも開催決定!

マザーワークの下に詳細があるよー。

個人セッション@札幌も受付け開始!

これはDaya会の詳細の下にあるよー。

(ページ内リンクのしかたがわからないの。ごめんなさい…

沢山スクロール・ダウンしてください。)

・・・・・・・・・・・

<マザーワーク in札幌 vol.4>

「うらやましい!」「なんであの人だけが…」

〜嫉妬・比較をココロの栄養に〜

・・・・・・・・・・・

私たち日本人が生きる資本主義社会は

「競争社会」という側面を持っています。

そういう社会で生きている私たちは

幼い頃から、気がついたら比較されて

ジャッジされて

「ああなりなさい」とか

「あっちのほうが、どう」とか

いわれてきたし、いってきた。

そして誰がいなくても

自分の頭のなかでふと気がつくと

自分と誰かを比較していて

自分になくて、相手にありそうなものをみつけては

うらやましいと思い

自分にはないと、嘆き、落ち込み、苛立ち、腹を立てる。

そんな体験、身に覚えはありませんか?

比較してもしょうがないのに

自分が苦しくなるだけなのに

そこにしばられて

気がつくと歯軋りしていたり

相手が嫌いになっていたり

そしてそんな自分が嫌いになっていたり

あるいは自分が全然意識していないことで

誰かから嫉妬や攻撃をされて戸惑ってしまったり

人間関係がギクシャクしたことはありませんか?

今回のマザーワークでは、嫉妬や比較などの感情を

それに気づいていくメッセンジャーとして捉えます。

ジェラシーを感じたとき、私たちは自分の望んでいること、

やりたいことに気がついていけます。

本当は気づいている。

「だけどできない…」顕在意識はぐるぐるしてしまう。

体感を大事にしているDayaのワークで、

ぐるぐるしたジレンマから 解き放たれてストンと落ちる体験をしにきませんか?

自分ができること、自分がもっていることにフォーカスしてみませんか?

「くやしい!」「悲しい!」「納得がいかない!」

「なんであの人だけが…」「うらやましい!」

嫉妬や妬みを隠れた栄養に!

秘密のレシピ、教えます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日時:2009年12月5日(土)

 10:00〜18:00(休憩1時間含む)

■定員:12名

■参加費:10,000円

  ※ペア割制あり(お2人以上でお申し込みの方、お1人様9,000円)

■会場:札幌駅付近

  (問合せ、お申込のあった方に会場をお知らせいたします)

   JR線および地下鉄南北線・東豊線 札幌駅徒歩5分程度

■当日の流れ:

 自己紹介/プロセスワークについての簡単なレクチャー/

 エクササイズ/シェアリング

■託児をご希望の方はご相談ください。

■服装:体を動かすワークがありますので、

    動きやすい服装で来場するか、着替えをご用意ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして!

---------------------------------------------

【daya会 vol.1】---------------------------------------------

マザーワークの終了後、同じ会場で今度は「daya会」なるものを開催します。

「daya会って何?」…答えは主催者もわかってません(^^;)

daya本人ですらわかっていないはず…。

なぜなら、daya会とは、集まってくださった方と一緒に作り上げていく空間。

dayaに聞きたいこと、ざっくばらんに聞いてみませんか?

dayaと一緒に、やってみたいことはありませんか?

dayaってどんな人?どんなセッションしてるの?

どこで生活してるの?どこで勉強してるの?

daya的瞑想法や健康法ってあるの?。

daya的育児法は?

daya的恋愛法…なんてのもアリ?

dayaのスキルと羞恥心の許す範囲で(笑)皆さんの要望にどーんとお応えします!

公開セッションみたいになるかもしれないし、

「ココだけの質問」に答えるもよし。

お気軽にご参加くださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■日時:2009年12月5日(土)19:00〜21:00

■定員:20名

■参加費:2,000円

■会場:札幌駅付近

    (問合せ、お申込のあった方に会場をお知らせいたします)

    JR線および地下鉄南北線・東豊線 札幌駅徒歩5分程度

■内容:dayaへの質問(daya的健康法、daya的育児法、daya的恋愛法?

            その他聞きたいことなんでもアリ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

---------------------------------------------

【daya個人セッション in 札幌】

---------------------------------------------

不思議なタッチや、インナージャーニー、OHカード、レイキ、EFT、タロット…

dayaの多彩なスキルを1時間半、あなただけに惜しみなく注ぎます。

※2010年より個人セッションの価格が変更となりますので

 札幌でこの価格で受けられるのは今回が最後です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:2009年12月10日(木)および11日(金)

 @10:00〜11:30

 A11:45〜13:15

 B14:00〜15:30

 C15:45〜17:15

 D17:30〜19:00

 E19:15〜20:45

■会場:札幌駅付近 会議室

■費用:16,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■■■お申し込みについて■■■

■■■マザーワーク、daya会、個人セッション■■■

■■■全てメールまたはFAXにてお申込願います(担当:奥野宛)■■■

  

  メール宛先;good_job_tera76★yahoo.co.jp

 (★を@に変え、メールの題を「○○○申込」としてください。)

↓このフォームをコピーしてご利用ください♪

--------------------------------------

 「マザーワーク/daya会/個人セッション」に申し込みます。

  @お名前

  Ae-mailアドレス

  B携帯連絡先

  C個人セッション希望の方は、希望日時

  D当イベントを知ったきっかけ(HP名/チラシ/知人の紹介etc…)

  Eお申し込み動機や希望する内容

---------------------------------------

posted by Daya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2009年10月14日

12月、札幌。その壱

神戸でのOHカードベーシックが終了。

今年最後の関西訪問でした。

今週末は早稲田でのOHカードベーシックです。

あと1枠空いてますよ!

さて。札幌に12月まいります。

いくつか企画が準備進行中ですが

スピリチュアル・コーチのたまちゃんこと珠帆美汐さんとの企画

の詳細が決定しました!

なのでこちらでも発表しまーす。↓

じゃがじゃんっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

え?私にもそんなチカラが?

自分の中の大いなる存在とつながってみませんか?

自分の中のパワーに光をあてよう。(これがタイトル)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシ達は、現実や目の前にあることを見たいようにみて、

体験したように体験してる、ということを聞いたことがありませんか?

いわゆるポジティブシンキングのようなアプローチですが

あれって無理してるときありません?

疲れません?

いつもいつも、ポジティブにみようとしたってしんどいもんはしんどいし

傷ついてるときにそんなポジティブだなんて…!!

それは当然です。

自分が感じている感情、自分が同一化している自分の一部を無視してポジティブにみるなんて

限界があります。

だってしんどいんだもの。その瞬間には。

じゃあどうしたらいいか?

しんどい自分、苦しい自分、大変な状況に陥っている自分を受け入れると同時に

もう一人、別の次元からその出来事を見れてしまっているような、

一回り、いやふた周りくらい大きい自分ともつながっていれると

視点が広がってきます。

苦しみと同時に別な、少し距離をおいた視点が持てるようになります。

そうするとどうなるか。

しんどいと感じている、と気づいていられるのです。

この「気づいている」というのがものすごいミソで

感じていることに気づいていないとどうなるか

「飲み込まれる」んです!

飲み込まれると、盲目的に、その感情の中におぼれます。

おぼれてるわけなので、コントロールがきかなくなる。

振り回される。

意図してないことまでしてしまったり、

おきてないことまで感じてしまったり、

絶望的になったりしていくわけです。

このおぼれてしまうことから抜け出すコツが「気づいていること」。

感情に飲み込まれている自分よりも飲み込まれてない自分のほうが

その場面では起きていることに気づく余裕があります。

そんな自分いるの?

私にはムリ!

と思ったアナタ。

誰にでも、それはあるんです。

それこそ、気づいていないだけでw

ワクワク・ドキドキなエクササイズやワークを通して

そんな自分と出会ってみませんか?

そんな自分を家に連れて帰りませんか?

自然に囲まれて気持ちのいい「場」と、

思う存分動ける広いスペースでお待ちしています!

【日時】 2009年12月12日(土) 10:00〜18:00

     13日(日) 10:00〜19:00

 *今回は宿泊型ではなく、通いの二日間連続セミナーです。

【場所】 札幌芸術の森アートホール 中練習室

 http://www.artpark.or.jp/index.html

 *札幌駅から地下鉄とバスで1時間弱です。

 *会場までのアクセスはこの画面をスクロールして一番下をご覧ください。

【参加費】 35,000円

 *早割り 10月中にお申し込み・ご入金の方:30000円

【おすすめ持ち物など】

 動きやすい服装

 ヨガマット、ブランケットやクッション等 (椅子はあります)

【こんな人にオススメ】

・自分は人に振り回されてばかりいると感じている

・感情的になりすぎてコントロールがきかない

・人よりも感受性が強いんじゃないかと思っている

・かっとなってしまう

・自信がない

・心配性だ

・唐突かもしれませんがw、リーダーシップについて興味がある人にもオススメ

・気づきが好き

・身体を動かすのが好き

・アクティブ瞑想を体験してみたい

・DAYAとかたまちゃんとかに会いたい

・びびびときた

★お申し込み方法:珠帆美汐まで

メール asahioka★hotmail.com (★を@に変えて送信ください)

詳細はhttp://tamaho.seesaa.net/article/129749683.html

にもあります。

メールの件名を「DAYAセミナー 申し込み」

とし、下記の項目をお知らせください。

================================================

◎ 自分の中のパワーとつながるセミナー に申し込みます。

 お名前:

 メールアドレス:

 携帯電話番号:

 何を見て知りましたか:

 お申し込みの動機:

================================================

詳細はhttp://tamaho.seesaa.net/article/129749683.html

にもあります。

*12日(土)の19時〜21時は「夜の瞑想会withDAYA」です。

 本セミナー受講生の方は無料で参加できますので、よろしければ

 お申し込みください。

 http://tamaho.seesaa.net/article/129749683.html 

posted by Daya at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2009年09月18日

連休にワーク@東京決定。「拝啓、身体さま」

念願のマネージャーさんが現れて、

あっというまに、DAYA事務局ができてしまった。

これまであんなに苦労していた個人セッションの日程のやりくりとか、

メール対応とか

スケジュール管理とか

いろんなことが

あっという間に、風に乗って別の人の手に(くじらちゃんの肩に)移っていった。

こんなに、苦手だったんだ。

こんなに、大変だったんだ。

それが、今になって、軽くなって実感できる。

身体のこともそうでした。

☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆

4年前に倒れるまで、体の声なんて無視しつづけて、

倒れたら、ののしって

「ちぇっ」って思って、計画通りいかないことに腹を立てていた。

これじゃぁうまくまわらないじゃないか、

仕事はどうするんだよ、

子供はどうするんだよ、

あれもこれも、どうやったら今の状態を保つことができるかに忙しくて

自分に起きたことなんて全然理解できなかったあの頃。

でも身体の状態は変えられなくて、

強制的に止められた。

体と心と思考が、バランバランだった。

☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆

それが最初のとき。

そこから痛みと不快感から解放したくて

いつもどおりに復帰がしたくて

必死になった。

必死に針に通って、言われたことを守り

「元に戻る」ということを目標に

がまんした。

がまんして、がんばった。

でも、それは「元に戻る道」ではなくて

「自分が自分に出会う道」だった。

自分の体の声をきき、

自分の状態を理解して

自分の身体と心にとっては

どうすればいいのかを知っていくプロセスだった。

病気は、体からのメッセージといういけれど、

それは本当に深い体験だった。

一番すごいなぁとおもったのは、

とてつもなくしんどいときに色んな

「軽くなる体験」をしたこと。

こんなに身体って軽くなるんだ。

こんなに、重かったんだ、辛かったんだと気づいたのは

軽くなったから。

その差を感じ取ることが出来たから。

それから私はその快適さを求めて、

体のケアをはじめたのだ。

積極的に。

☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆

私は専門家じゃないけれど、

専門家から知識を引き出すのが得意な当事者。

実験好きだから

言われてやってみて「本当だ!」が面白くなっていった。

あれから4年たった今、自分の仕事の中で

冷え症について

膀胱炎について

姿勢や呼吸について

腰痛について

体と感情について

食べ物について

いろんなことを語っている。

そこでいっていることはのひとつが

「身体の声に気づく」こと。

そして、症状が運んできてくれるメッセージに耳を傾けること。

それは単純に行動を変えてほしいのかもしれない。

もしくは、何かをしてほしいのかもしれない。

そしてもっと深い、本人にとっての深いメッセージなのかもしれない。

常にジャマだな、気になってるな、不快だなと

感じている症状や感覚。

そこらへんと語ってみませんか?

個人セッションのステキな感想もいただきましたので

参考にどうぞ。コチラをクリック

☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆

●●●【拝啓、身体さま】痛み,ダルさと語ってみよう!●●●

〜不快なカラダが導く快適ライフ〜

【日にち】 9月22日(火・祝) 、23(水・祝)

【場 所】 東京都新宿区 『Take it Easy』1F

 http://www.takeit-easy.net/pg50.html

 ◎ 東京メトロ東西線:早稲田駅(2番出口)徒歩6分

 ◎ 都営地下鉄大江戸線:牛込柳町駅 徒歩8分/若松河田駅 徒歩8分

●第1部:身体症状の意味を語ろう・・・ミニワークショップ

【日にち】 9月22日(火・祝)

【時 間】 10:15〜(受付開始 10:00) たっぷり2時間半★

【料 金】 3,000円

●第2部:身体のメッセージを聴こう・・・個人セッション

【日にち】 9月22日(火・祝)、23日(水・祝)

【時 間】 13:30〜/15:15〜/17:00〜/18:45〜(各90分)

【料 金】 18,000円

 ※ 当日も受け付けできます!お問い合わせください。

●問合せ、申込み

ShantiDaya事務局: daya.session@gmail.com

またはmixiメッセでどうぞ

 http://mixi.jp/show_profile.pl?id=610336

posted by Daya at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2008年12月22日

【波動について考える】波動測定実験レポート その2―波動の高いものは低いものを引き上げてくれる

続きもののコラムです。

スタートはコチラから

(1)【波動について考える】序章:ワクワクな波動測定実験の夜

 (2) 【波動について考える】波動測定実験レポート その1―いろんなお茶の波動を計ってみた

-----------------------------------

さて、前回は、お茶そのものの波動を計って、目に見えないものが、数値として本当にでてくるんだー!という驚き。そして、やっぱり一つ一つが違うんだね、という納得。単純に知らないことを知る、実験をするというワクワクなどを語ったわけです。

で、それぞれに異なる波動があるんだね、ということがわかって。次にDAYAが知りたかったのは

「波動の高いものの影響力」。

スピリチュアリティ系の本を読みかじったことがある人は目にしたことがあるかと思いますが、「言葉が持つ波動」とか、「思いが持つ波動」とか、いいますよね。

単純に考えても、「好き」「ありがとう」「嬉しい」などの言葉のほうが波動がよくて、「ばかやろう」「死ね」みたいな言葉は低いという話。まぁ、そういう言葉を受けたらどんな気持ちがするかだけでも、なんとなく想像つきませんか。

確か昨年、息子と残った玄米を使ってことばがけ実験をしたんです。江本さんの本に書いてあったやつ。同じお米を二つの瓶に入れて、一つには「ありがとう」もう一つには「ばかやろう」と書いた紙をはり、毎日息子がその言葉をそれぞれに声かけしたんです。

数ヵ月後にその結果はでて、「ありがとう」は白いふわふわしたカビがはえ、全体的に水分が飛んでカラカラになったような感じ。あまり嫌な感じはしませんでした。「ばかやろう」のほうは、水が外にでてきてグジャグジャになり、カビも黒っぽくて見るだけでうわーって顔をしかめたくなるような様子に変容。

その実験のおかげで、言葉のもつ影響力ってあるんだなっていうことは目に見える形で知っていました。そして、人間の体の大半が水でできてるわけなので、そういう意味でも使う言葉とか、使われる言葉とか、聞く音楽とかそういうのって少し意識してみよう、気をつけてみようと、当時思ったんですよね。

さて。

今回波動測定士さんにお願いしたのは、自分がようはいつもしていることを数値的に表してもらおうと。既存の飲み物に、自分の愛飲しているお茶を混ぜると、個人的には味がマイルドになったり、香りがくっきりとでたり、なんとなく、心地がよいという体験をしているんだけれど、これって波動の数値的にどうなってるの?それが知りたかった。

本格的な調査屋さんとしては、本当は普段のコーヒーを持ってきたかったのだけどなかったし、別に研究論文書くわけでもないので(苦笑)、そこで出してくれたお茶(このお茶自体も、お水の波動をあげてあったのでスタート値が高かったのですが)を使いました。まずそれだけを計ったら総合の部分が15.で、私の持ってきたお茶を入れたら16にアップ。うーん。お水がいいからあまり違いがでないなーと思っていたら、波動測定士さんは、普段から波動の高いお水で私のと同じお茶を飲んでいるという。というわけで、予測されるのは、私の持っているお茶よりも、カレのお茶のほうが波動が高いんじゃないかという仮説。(ワクワクするでしょ!)

さっそくいれてみたら。じゃがじゃーん。20に跳ね上がりました。

すげーすげーすげー。

とまた私は子供のようにぴょんぴょんと大興奮。

もう、どんどん、波動の世界がすごいのか、お茶がすごいのかわからなくなってきましたが(苦笑)私はどちらもすごいと思って大興奮。

次に、息子を計ってもらいました。子供の波動も普段から高いんだそうで。カレだけ計ったら16.その波動の高いお茶を手にもってもらったら18にアップ。

そんなわけで、色々図ったりして、高いものをもつと、もとの波動もアップするんだなということが自分の目でみえて納得。

そう考えると、本当に自分の周りに何をおくか。何を着て、何を食べて、何を飲んで、何を聞いて、どんなところに行き、誰と付き合うかなどって本当に影響が大きい。

どうせ同じ生きるなら、波動がより高いほうが心地がいいし、健康になるし、流れもスムーズになるのなら、無理はできないけど、そのときに一番ベスト、ベターなものを選んでいきたいもんだと、しみじみ思ったDAYAだったのでした。

ちなみに、携帯電話は2.−21から+4は「非常に低い」となっているので、まぁ、やっぱりな、と。携帯の電磁波は身体によくないとかいうけど、こういうことだったのね、とまたまた納得。これでこのパソコンは?とか考えると怖くなりますが(苦笑)。

次々と測定をしてもらいにくる人たちの合間をぬって、沢山の実験に付き合ってくださった測定士さんに申し訳なかったので、とりあえずこの辺で実験は終了。でも本当は、今度はもっと色々と計ってもらいたかったりして(笑)。

同時に、測定士さんに目に見える形にしてもらいましたが、彼曰く、数と数の間にも色々とグラデーションになっていて、例えば同じ「15」でも、14に近い15なのか、16に近い15なのかでまた違うと。

そんな中で、DAYAが思ったのは、多分人間の波動センサーのほうがもっと敏感で、ちゃんとそこらへんの微細なグラデーションもキャッチしてるんだろうなぁということ。感じていても、こうやって100%信じられなくて測定してもらっている自分もいるけれど、もっと自分の感じることには自信をもってもいいのかな、と思ったのでした。ここまでくると、波動を感じる感じないということよりも、自己肯定・自己否定の問題にもなってきたりすると思ったりして(苦笑)。

それにしても、実験好きなDAYAにとっては面白い体験でした。そして、自分のセンサーの確認、自分の飲んでいるお茶の不思議な力にも非常に納得ができて、なんとなく、占い師さんとか、カウンセラーとかにいくよりも、一番さくっと自分の方法はこれでいいんだ、自分はこれでOKなんだみたいな気持ちになって。単に波動を計ってもらう以上のものを頂いて帰ってきたのでした。

プロセスワーク的に、自分の中に存在する批判的な、懐疑的な子を無理に説得せず、ちゃんとその子が納得のいく方法で、その疑いを晴らしてあげることができて。それもすごく嬉しい統合のやりかたでした。

あー楽しかった!

セッションでは気づきのサポートをしていますが、今回の体験からも、皆さんも、自分って無意識にもきっといろんなことを周囲からキャッチしてるんだなーということと、自分にとってなにが一番いいのかを体のセンサーは知っているんだよということをぜひ伝えたいです。

posted by Daya at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2008年12月20日

【2009年2月@札幌】 個人セッションを受け付けます

================================

■■009年22月 札幌にて、個人セッションを受け付けます■■

セッション枠の最新の空き情報はコチラ

================================

2月に札幌にいる間、個人セッションを受け付けます。札幌にいる方でマザーワークに参加できない人、個人セッションの興味のあるかたはぜひこの機会にDAYAに会いに来てください!

DAYAはその人がみえないこと、みたくなくて避けていることなどを共に見つめ、大切なメッセージをお伝えするお手伝いをします。みなさんの中にすでに沢山の声と答えがつまっていて、聞いてもらえるのを待っているのです。

DAYAの仕事の特徴は、クライアントさんご自身が自分で見つけていく、気づいていくサポートをすることです。

自分本人がやらずにだれがやる?

人に答えをもらっても、次の質問がまたきてしまう。

自分で自分の内なる声に耳を澄まそう。

直観をもっと磨いて沢山の知恵を活用しよう!

特定な質問がある人向けにはインナージャーニー個人セッションがオススメです。

その他、プロセスワークやOHカードなどのツールを使って、その人にあった個人セッションを行います。

DAYAのセッション内容の詳細についてはコチラ:

◆葛藤解決・心理学セッション

http://shantidaya.sblo.jp/article/13477381.html

◆ヒーリング・リーディングセッション&レイキ

http://shantidaya.sblo.jp/article/13478412.html

わかりずらいかな。わからなかったらメールくださいね。

■受付日程

2009年2月

8日(日)、9日(月)、10日(火)、12日(木)、13日(金)の5日間

■時間枠

10時〜

13時〜

15時〜

17時〜

20時〜

■場所は札幌です。

■1セッション10000円(1時間)

30分延長には4000円の追加料金がかかります。

■「DAYAの不思議なタッチ」をご希望の方は部屋を確保しなくてはいけないので予約時にお伝えください。タッチの価格は1時間12000円です。よろしくおねがいします。

お申込はinfo*shantidaya.com (*を@マークに変えてね)

札幌で沢山の方との出会いを楽しみにしています!

love

daya

posted by Daya at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2008年12月19日

【波動について考える】波動測定実験レポート その1―いろんなお茶の波動を計ってみた

続きもののコラムです。

スタートはコチラから

(1)【波動について考える】序章:ワクワクな波動測定実験の夜

さてさて、昨晩は序章だけを書いて、疲れ果てて寝てしまいましたが、もう実験レポート書きたくてウズウズしているDAYAです(笑)。もう、この自分の中ではじけるようなプチプチ感!ワクワク感!興奮状態って楽しいよね。自分にとってとてもエキサイティングなことをしているときは絶対、生命エネルギーが波動的にもアップしているような気がする。これは計ってませんが(苦笑)。

自分んちに来てもらって測定してほしかったんだけど、機械が大きくて重いから出向くことにしました。一番、実験してみてもらいたかったのがお茶。食べ物はちょっと運びにくいしね(あぁ、でもやってみたい!!)。あと、子供。子供って、波動高いっていうじゃないですか。本当かなーって。

というわけで、もっていきました。色々なお茶の葉を。

ま、色々といっても、自分がこれまで飲んでいたものとかなんですが。

どうやらいろんな法律があるので、ネット上で「このブランドはこう」とかいってはいけないみたい。なので、名前はあえて書きません。商品の営業妨害になっても困るしね(そんな影響力ないよ!)。最近は共謀罪とかいって、政治的なチラシも気をつけないと逮捕されるっていうじゃないですか。このレポートとは全然関係ありませんね。あぁ、怖い世の中。

話がそれました。

お茶ですよ、お茶。

お茶の波動の話。

DAYAをご存知の方は見たことあると思うんだけど、私はいつも水筒にお茶を持っていて、それを飲んでるんですが、コーヒー飲むときとか、味噌汁とかにその水筒からお茶をちょっとだけ混ぜてるんです。なんか、そのほうがマイルドになるような気がして…

特にコーヒーは、あの最後のちょっとつきささるような、苦さがすごくマイルドで丸い感じになる。ハーブティーとか飲んでる友達にも入れてあげたら、確かに香りがでて、味がはっきりしたという感想を二人でもったり。

これは体験談なので、多分飲んでみる人によって違うからそこは忘れないでほしいんだけど、実験好きな私はようは友達と飲み比べしていたりして遊んでいたわけです。

それが今回は数値ででるっていうんだから!!

この私の興奮が伝わるでしょうか。

さっそく計ってみました。測定する機械に茶葉を乗せて。「うぃーん、うぃーん」ってまるで機械がしゃべっているんじゃないかという音をだしながら、一つづつ、項目に分けて図っていきます。

総合的な波動数値を計るところから、肉体の内臓の部分とか(腎臓、とか交感神経、とか)、感情面(ストレス、とか幸福、とか)、それに精神面(様々な層になっている各オーラとか、チャクラとか)にわかれていて、それぞれの部分にとっての、この対象が与える波動の高さ、みたいなものを出していきます。

面白かった。本当に。一番すごかったのが、今飲んでいるお茶の波動がものすごく色々な項目で高かったこと。そしてこれまで飲んでいたお茶も、まぁまぁ高かったこと。その他のお茶はそんなでもなかったこと。特に、項目別にみていくと、オーラの部分の数値がかなり違いましたね。

本当に、数になって違うんだなって見てて思っていたんですが、

総合的な波動のレベルを表す項目では、今飲んでいるお茶が21.ぶっ倒れて、針の先生に教えてもらって飲んでいたお茶が16.アーユルヴェーダ系のハーブティー二種類が10と12.

測定数値の判定基準は、「通常」が10から14、15から18が「高い」、18以上が「非常に高い」なんだって。そう考えると、16も高いんだなということ、さすが私の信頼する先生が進めるお茶は平均よりは高かった。でも、私のところに流れ着くように出会い、愛飲している今のお茶は噂では聞いていたけど本当に波動数値が高かった!

「ほんとうだー!」と子供のようにワクワクしながら、目をキラキラさせているDAYAを創造してください(笑)。すごーい、すごーい、とはしゃいでおりました。

波動測定士さん、さぞかしうるさかったことでしょう…今考えると申し訳なーい…

でも想像していただけるでしょうか。DAYAはこれまで「なんとなく」このお茶のほうが飲みやすいなーって思っていて、飲んでてもすごく心地がいいからそちらを選んでいただけ。

単に実験好きな喜びに加え、見えるものしか信じない自分の部分が見たされ、そして自分の感じていた、自分の波動感知具体もなんだか肯定されていくみたいで…すごく嬉しくもありました。

やっぱりーね、やっぱりそうだったんだ。自分のなんとなく感じていることは、間違っていなかったんだ!という、安堵感と喜び。

細かな作業だというのに、私の希望で多くの項目をそれぞれのお茶で計ってもらい、ある程度その数値化する、お茶の波動を見える形でみる、という欲求は満たされたDAYAが次に求めたのが…

「波動の高いものの影響力」

です。

ってことでまたここで区切りましょうか。

あぁ、本当にレポートっぽくなってきた!

posted by Daya at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

【波動について考える】序章:ワクワクな波動測定実験の夜

今日は面白い話です(笑)。

いつも面白いと思ってもらえてるといいなとは思ってますが。

波動ってみなさん、ご存知?

目に見えるものではないので、説明しにくいけど、ようは私たち自身を含め、世の中のあらゆるものはみんな、波動を発しているという解釈をDAYAはしているのですが。

個人的なイメージですが、手をものとかに近づけて感じてみると、触る前からなんだかピリピリというか、ジジジーみたいな、そんなものを感じるんです。気功やヨガなどでいう「気」とか「プラーナ」とかなのかもしれないし、スピリチュアルな世界では「オーラ」とかいうのかもしれないし、どっちかもしれないし、別なものかもしれないし。

賛否両論ありますが、「水からの伝言」で有名な江本勝さんとかの本をみると、波動が与える影響とかがわかりやすいかも。

さて、ここでは波動の賛否を書きたいんじゃなくて、私の興奮をシェアしたい!

実は先日はDAYAの好奇心がこれでもかというくらい満たされた日でした。

「波動測定」をするオトモダチのところにいってずっと気になっていた疑問をとくお手伝いをしてもらったのです。

DAYAは倒れてから針と食事療法で復活したのですがそれ以来、身体のセンサーがとても過敏になってるんです。今は免疫も対処法も使い道もみつけたので大分楽なんですが、自分の過敏さにふりまわされてる感じ。

いろんなセンサーがあるんだけど、そのうちのひとつには、なんとなく色んなモノやコトの波動をキャッチしたりしているみたい。

だから座るものの素材とか、飲むものとか食べるものとか、きる服とか、色とか、音とか、言葉とか…本当にあらゆるものから発しているなにかを感じていて、少しミストみたいな空気とはまた違うなんだかわからないゆげみたいな感じにみえたりするときもあります。私の場合、とくに座ると冷えたり、ひりひりしくしくと痛かったり、そういうところから気付いたんですが。みなさんもそういうのありませんか?

ひとつ前の日記に書いたけど私たちは「なんとなく」いろんなことを感じている。かなり正確に、的確に自分にとってどうしたらいいかを知っているんだと思います。(そういう体験したい人は、1月にやる直観ハーフDAYにおいで!)

そんなにも感覚を信じているくせに、実はDAYAは長い間、見えるものしか信じないぞ!と頑なに生きていた時間がながいので、受け入れつつもしつこく、しぶとく半信半疑な自分がいて…

だから、スピリチュアリティとかが苦手、とかレイキとか、遠隔ヒーリングとかを「信じない」って言う人の気持ち、実はよくわかります。

でもそんな私の懐疑心が「ん?なに?」と、少しそそられて興味をもつ出会いがあった訳です。

「波動測定」

なんとなく感じていることを数値で表してくれる。

自分の感じている感覚よりも機械がやること、他人である測定士がいうことのほうが信じられそうな気がするのも悲しい気がしますが、疑っている人がいるのも事実だからね。

その子は多分、信じたいんですよ。でもなにを恐れているんでしょうねぇ…

でも私たちって今の時代、そういう傾向ありませんか?

たぶん、自分の直観を信じて使っていながらもなにか目に見える確かななにかを求めている…

その子の好奇心を満たしてあげるほうが早いなと、直観的に判断した(笑)DAYAは波動測定士さんに会いにいったのでした〜。

もう悪いけど(悪くないけど)気分は小学生。工場見学や化学の実験とかみたくワクワク。

沢山の疑問を持っていきました。

計ってもらいたいあれこれを持ちこんで。単品の波動を知るだけでは満足できずに、研究者みたく低いほうに高いのをまぜたらどうなるとか、波動測定士の精神的な波動は影響ないのかとか、多分、ちくいちめんどくさい、終わりのないかのように感じる勢いで質問攻めにしてきました。

測定士さんは根気強く対応して下さって… 感激です。ありがとうございました。

知的好奇心がこんなに満たされると学習意欲もあがるだろうにと思いながら、とてつもない満足感いっぱいになって帰宅したのでした。

子供気分はまだ継続中。実験をしたならその結果をレポートしなくっちゃ!

この体験のお陰で、自分の波動感度も確信がもてたし、普段自分が使っているものの波動もクリアになったし、なんとなく波動同士の関係や波動測定という仕組みもうっすらと理解した気分。

長くなるので、順番にじっくりシェアさせてください。

〈続く〉

posted by Daya at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2008年11月26日

冷え症についてのBOOK LIST [updated:20081126]

冷え性・冷え症についての本や、ワタシが冷え症を治していくのに参考にした本をリストアップします。その後であった本もご紹介しますね。随時更新していくことにします。

[2008年11月12日更新]

『新・自分で治す冷え症』by田中美津

フェミニストで有名な田中美津。実は鍼灸師で、すごく使える冷え症の本を出しています。タイトルどおり、自分で治すための手法と知恵が沢山。

特に冷えやすい女性は1冊持っておくべき。

冷えが気にならない時期にもパラパラと読み直すとはっとさせられたり、反省したりするのに最適。

具体的に東洋医学の知識などもあったりして、ワタシが針の先生から学んだ知識と近かったです。そして、対処の方法も沢山あるからヒントになります。

===============================

[2008年11月26日更新]

『ずぼらな青木さんの 冷えとり毎日』by青木 美詠子

田中美津子の本が専門的な知識とその対策、そして本人の体験談が混ざって語られているのに対して、こちらは本当に当事者の体験談。

こんなのがある、これがよかった、これは合わなかったというシェアとルポ。

手書きっぽいイラストや、文字が少ないことから読みやすい。

それに、軽く、「こんな方法もあるんだ」というヒントを集めるにはいいかも。

ワタシは全部「知ってる知ってる!」と思いながら、こんなにも似たような体験をした人、そしてワタシと同じように、あれを試し、コレを試しという性格の人がいるんだなーと思いながら読みました。

青木さんはワタシのように倒れていないのと、ワタシは倒れて針の先生に直接指導を受けているので、知っていても試してないものなどがあって。

こう書いていると、冷え症ならでは読んでみて面白い自伝、なのかもしれない。

読んでて、「冷えとり愛好会」みたいな、同窓会みたいな気持ちになります。

文字を読むのが苦手な人はまずコチラを。

深刻に悩んでいる人、的確な方法を教えてほしいという人は田中さんの本のほうがいいかも。

posted by Daya at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア

2008年11月12日

【冷え症対策@】お風呂に入ろう

地球温暖化のせいで、ずっとぬくぬくしていましたが、

最近、やっと11月らしい季節になってきましたね!

つまり、寒いっ!

冷える!

Dayaはもう暖房を使い始めています。皆様はいかが?

さて、4年前に冷え性が原因で慢性膀胱炎&4回目の腎盂腎炎で倒れて以来、

身体のケアの方法と知識と経験を沢山身につけてきました。

最近、やっと冷え性が治り、冷え防止で済むようになったものの油断大敵。

疲れや冷えやストレスが重なるとやっぱりまだ膀胱がフルフル痛みます。

身体が「油断するなよ〜」といってるみたい(苦笑)。

そんなこともあって、無視できません。この冷え。

というわけで、このブログでも少し冷え性について色々と体験をシェアしたいと思います。

Dayaは健全な身体にこその健康な心と鋭い直観・素晴らしい霊感が宿るという体験をしていますし、私がお世話になっている針の先生からもそう学びました。本当にそうだと思います。

身体をケアするだけで、心の悩みもだいぶ楽になるし、感じ方も変わります。

身体と心の東洋医学的にみた関係論はまた今度にして、今日は「冷え性対策その@」です。

@は「お風呂に入ろう。」です。↓

続きを読む
posted by Daya at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体のケア