こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2014年03月26日

イマ・ココの自分に立ち還る

ひょんな流れで、ヘルパーをさせてもらうこととなり、
MeeraのOSHOペインティングのグループに親子で参加してきました。

IMG_3036.JPG

2泊3日の、プライマルペインティングのグループ

子どもにかえって、自分の創造性と出会う時間。

それには、自分の奥底に刷り込まれている、小さい頃からのパターン、
幼児期の体験や見ないようにしてきた悲しいや痛みと否応にも向き合うことになります。

それを通して自分のウチなる子どもに再会し、
はじめてそこで解放していく事がでるのです。(Dayaの理解)

IMG_0516.jpg



昨年の能登の夜桜

今年はポーランドのワールドワークにいくので断念したのですが、
毎年行われている能登半島で行われるOSHOライフトレーニングをぜひ紹介したいです。

一週間、能登半島の素朴な土地で桜を描きます。
瞑想、
家族の座をはじめ、様々なワークなどもしますが
なによりも、桜の木と向き合い、色や筆を通して
自分の内側とひたすら向き合う数日間…

とてつもなく大きなブレイクスルーがった
昨年の体験は今もよく覚えています。

アートセラピーとはまた異なる、
瞑想としてのアートを通して自分と出会い、
解放していく時間は本当に貴重でした。

「Dayaさん、これ以上なにをみつめるんですか?」と
講座の参加者の方に尋ねられましたがw
自分というものは本当に奥が深い。
まだまだ、これからもみつめていきたいです。


最初の一枚は本当にかけなくて、
落ち込んでしまったり、悔しかったりと泣きながら全部真っ黒に塗りたくった。

そこに自分の色々な事柄にたいする根本的なパターンをみつけ、
愕然としました…

悔しさとともに、ただ真っ黒に紙を塗りたくる…
そんなことすら、子どもの頃からちゃんとしなくちゃいけないと思っていた私は自分に許してこなかったけど、
能登ではとことん怒って、ムカついて、悔しがって、泣いて、
そして次に進んでいける。

そういうプロセスから夜桜が生まれ、
私の中の闇に対するこれまでになく深い受容が起きて…

IMG_0456.JPG

沢山色々なことを体感して
最後のほうに描いた桜の絵の一つがこちら。


IMG_0510.JPG

これは本当に楽しんでかけました。

そして、私のFacebookのトップページに載せてる写真が一番最後に描いたものです。
これは桜を眺めていると
自然と樹がどうかけばいいのか教えてくれたんだよねー。
不思議な体験でした。

https://www.facebook.com/daya.mia1


あれは本当に必要だったんだなぁというプロセス。

いつか機会があったら桜の絵の実物、どこかで見てもらいたいです!


このグループはアートを教わるのではなく、
自分の内側から溢れてくるような状態になるまでただひたすら信頼し、
イマココにいるフィールド。
そこを最も信頼して見守っていてくれるのが、グループリーダーのMeeraなのだと思う。

彼女はとても個性的で、
彼女が彼女らしくいてくれることで私たちもそれぞれ自分らしくいることが許されていて
本当にありがたかった。

なぜかMeeraの場ではこどもっぽい顔になるDaya

IMG_3045.JPG

過干渉な母親の元で育った私は、
やっとほっとかれて、自由に好きにやらせてもらえるという体験をしっかりと味わい、
その後の子育てやグループにもとても影響がありました。


さて、自分もそんな体験がしてみたい!と思った方は
こちらをチェックしていてくださいね。

大げさじゃなく、彼女のワークは人生に1回は経験しておいたほうがいいと思うよ!

IMG_3035.JPG


=======================================
OSHOライフトレーニング with Meera
https://www.facebook.com/events/578757612201942/?fref=ts


◎高尾山でのグループは終わりましたが、
能登のグループも、まだ参加可能です。
初めての人で全日の参加が難しいという人は、最初の3泊4日〜の部分参加もできるそうです。
グループを既に受けたことがある人は3泊4日以上、途中からの参加も可能です。
 
 ★参加費:178,000円 (受講料・画材費・宿泊費・食費込み)
   (3泊4日 89,000円、4泊5日 111,500円、5泊6日 134,000円、6泊7日 156,500円)

※場合によっては、分割払いもご相談にのってもらえるそうですよ!
=======================================

私はワールドワークにいくか、能登に行くか散々迷いましたが、
夢をみたのでポーランドに行ってまいります!

でも、3日間のワークに息子と参加できた事は本当によかった。
昨年、プライマルペインティングを体験した時、
これは息子にも一度味わってもらいたいな!
Meeraにあってもらいたな!と思っていて、
それが自然の流れに任せていたら叶ってしまった。

息子はとても自由なエッセンスをグループに持ち込んでくれて、
他のみなさんはそれをとても歓迎し、喜んで自分のこどもとつながるきっかけにしてくれた感じで
最初躊躇していた息子も最後は「楽しかった!みんないい人!」といって帰宅しました。
(12歳でOSHOのワークを受ける事ができるラッキーなヤツ…)


ちなみに、息子は絵を描いている他は外で遊び、
落ちていた木材で弓矢を作り、改造してめっちゃ飛ぶようにして、
カエルの卵がうじゃうじゃある水たまりを3こ見つけて、
そこからカップで他の側に卵を移動させ、
靴をドロドロにして、
絵を描くよりも、紙コップに色を塗ったり、
絵の具をバケツの水に入れてその広がりに感銘し、
「緑の色はあまり広がってくれない」など色の特徴と出会い、
エクササイズでは一番執着のない子どもエッセンスを披露してくれて
沢山の参加者と友達になり
キラキラしていました。

そんな彼のカップの作品


IMG_3031.JPG


ビビビときた人はぜひ能登へGO!
そしてぜひ感想を私にも教えてね。


posted by Daya at 00:14| Comment(0) | art

2013年11月11日

月を眺めるタコ

glass1.jpg

このグラスはオクトパスグラスといって、
タコをイメージした形だそうな。
大好きなレストランの帰りに買った、思い出の品を描いて、
自分の下手くそ加減に嫌気がさし、
でもそれもいっか…とOHカードで培った尊重と慈愛の力を痛感する。

寝る前に、赤いタコを描きたくなったが、
もっと絶望するのが嫌で無視。

そして、翌朝、どうしても描かねばいけない気がして
手を動かしてみました。



tako2.jpg



月を眺めるタコ。

意外に可愛い。

最近は、言葉をアップしていくことに
どこかエッジ(抵抗、難しさ)を感じていて、
ブログの更新も止まっていましたが
こういうシェアならできるかも。

posted by Daya at 11:15| Comment(0) | art