こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2018年01月04日

再up【眼のハナシC】Dayaの眼のハナシ。「アーレンシンドローム」「羞明(しゅうめい)」

★再upの経緯★
この記事は2011年3月にアップしたものです。
おかげさまでアーレンシンドローム(光過敏)による難読症だという事がわかり、
アーレンレンズを作り、
親子で発達障害のテストを受け、それぞれの特性もわかり、
それでも生きづらさは変わりませんが対処法がわかり、
雨用曲折二人三脚で生きてきましたが、
この度なんと!daya老眼。

普通のメガネ屋さんで老眼鏡を書いましたが、目がすごく痛い。
一定の距離からずれるとぐわんぐわんと車に酔ったようになり、
一瞬で吐き気がする。
なによりも、色付きレンズとの併用ができない。

というわけで以前お世話になっているメガネ屋さんのところに
数年ぶりに尋ねましたところ、私のこの「ブログでアーレンシンドロームや発達障害のことがわかり、
そこから私の所に来るお客さんが結構多いんですよー」
と聞いてびっくりしました。

確かに昔何か書いた記憶はあったけどそこまで影響があっただなんて、びっくりして検索しましたら、
一つはみれるけど、残りの記事がみれなくなっていました。
なので、きっとこれも何かのタイミングかと思い、再upをする事にしたのでした。
以下です。
昔のテンションなので今の私を知ってる人は違和感があるかもしれませんが、お役に立てるならと思いまして。

今日は私は老眼入りのスペシャルスペシャルメガネを発注してきたのですが
またいろんな目から鱗話がありました。
2011年から現在までのいろいろな場面でも眼に限らず、発達障害、難読症、支援する・されるについて、教育問題などいろいろと経験をしました。そこで学んだ事、気づいた事、乗り越えたことやサバイバル術など…
いつか機会があったらまとめてシェアしたほうがいいのかなぁと思ったりしています。

ま、それはいつになるかわからないので、
とりあえず、昔の記事を読めるようにしますね!

どうぞー!

===<眼のハナシシリーズリンク>===

再up【眼のハナシ@】「すぐに学習障害にしないでください。」
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036769.html

再up【眼のハナシA】学校との連携
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036781.html

再up 【眼のハナシB】視覚障害 ≠(イコールではない) 認知障害 ≠ 学習障害 
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036789.html

再up【眼のハナシC】Dayaの眼のハナシ。「アーレンシンドローム」「羞明(しゅうめい)」
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036795.html

再up【眼のハナシD】比較なんてできないのに
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036808.html

====================
↓<ここからが過去のブログ記事です。>↓
====================


息子の学習態度から、眼の眼のハナシが、ふっとんでしまっていて、
書けてません。

それからずっと書いてませんが、
現実は着々と息子の眼のこと、
学校での学習のことなどが進んでいて
母親として色々と知らないことを知ったり、
考えさせられたり、
ほっとしたり、
悩んだり、
腹を立てたり

しているわけです。




たとえば、息子のメガネのプリズム度があがったこととか (6月末)

学習支援センターにいって、能力テストをやったこととか (7月上旬)

そこでわかったこととか(7月下旬)

その後、学校がどう動いてくれたかとか (8月)

同じ学年の保護者の間でとんでもない噂がひろまってるとか(7月)

実は、ワタシも視力に支障があったことがわかったりとか (7月)

ワタシも能力テストを受けたとか (8月)

などなど。

今日、9月頭は

息子の検診、そして待ちに待った、

ワタシの眼の検査でした。

結論からいうと、

ワタシも外斜視だった。

息子が今プリズムをいれたメガネをかけてるのと同じくらいの

ズレはもっている。

でも、視力には問題がないので気づかなかったのだろう。

斜視よりも、どうやら

過度の光過敏、

「アーレンシンドローム」とか 

「羞明(しゅうめい)」

というものらしい。

以前、「Dayaは難読症なのかも」とNHKの番組をみせてくれた友人のことばがきっかけで、

自分の視力と本が読めない、というところについては理解することができたのだけど、

この度やっと、ちゃんと原因がわかってほっとしました。


アーレンシンドロームって知っていますか?
http://www.gakko.otsuka.tsukuba.ac.jp/Site/start_files/annai/IrlenSyndromeHP.pdf


このページにあるように、

色のついたクリアシートを文字の上においたり、

「羞明(しゅうめい)」wiki

の対処のところにあるように
「遮光眼鏡(眩しさの原因となる青色系統の光線のみをカットするように作られたサングラス)を使用する。」

することで

ぜんぜん見え方が違うのでした。

これまでのワタシの人生なんだったんだ?

とぼーっとしてしまうくらい、クリアだった。

大学院で論文とか専門書が読めなくて、

すごく自分の日本語ができないせいにしたり、

やる気がないせいにしたりして

結局博士論文は書かずに満期退学してしまったこととか、

いろんな大変だったことが

スライドショーのようにでてきて

「これだったんだ…」と。

今わかってよかった、嬉しいというのもあるけど、

呆然としてしまうほうが正直強かったです。

で、さっそく処方箋をもらい、

福祉系のメガネを扱っている眼鏡屋さんにいって

メガネを注文してきたのでした。

見やすい体験をしてしまった以上、

今、メガネがまだない状態はつらくてたまらない。

眼が痛い。

眼の周りが痛い。

緊張に気づいてしまったわけです。

ぼんやりと、ぼわーんと見えてるなか、

なんとか予測しながら手探り状態で今もこの記事を書いてるんだけど

メガネをしたらきっと快適なんだろうなー。

これで読みたかった本も読めるんだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


息子のほうはメガネの調整は順調で、

視覚から脳への情報伝達はうまくいってるみたい。

あとは、脳の統合の部分のかたよりがすごくあるので、

そこと学習プランを探っていかなくてはいけない。

斜視は、結構開きが大きくて、

将来はきっと手術をしたほうがいいくらいになるだろうとのことでした。

能力の偏りは、病院にいったらいろんな学習障害の診断名をつけられそうなくらい。

公立の学校では、診断がついたほうが、みんな扱い方がわかって、子どももそれで守られるところがあるし、補助の先生が入ってくれる。

ただ、うちの学校は、そういうのがあるのかな。

今かかわってくださっている教育カウンセラーの先生も、

もとウチの子が通う学校の教員。

色々と学校とやりとりしてくださってるし、

このままとにかく息子に無理だけさせないように見守るしかないのかも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なにはともあれ、

息子の状況、

そして自分の状況

色々と見えてきて

理解ができて

それをもとにさまざまな問題、行動などを観察できるので

すごく楽。

苦手なことはしない。

無理させない。

自分も、そこはもうがんばらない。

「知る」ということの偉大さを改めて痛感した日でした。

これからは、お会いするときは

サングラスのような、ダークな色のついためがねをかけているかと思います。

かっこつけてるわけじゃぁなくってよ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


38年間、よくぞ肉眼でがんばってきたオレ。

本当に、よくがんばってきた。

あと少しで楽になれる。
posted by Daya at 15:26| Comment(0) | 【眼のハナシ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。