こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2018年01月04日

再up 【眼のハナシB】視覚障害 ≠(イコールではない) 認知障害 ≠ 学習障害 

★再upの経緯★
この記事は2011年3月にアップしたものです。
おかげさまでアーレンシンドローム(光過敏)による難読症だという事がわかり、
アーレンレンズを作り、
親子で発達障害のテストを受け、それぞれの特性もわかり、
それでも生きづらさは変わりませんが対処法がわかり、
雨用曲折二人三脚で生きてきましたが、
この度なんと!daya老眼。

普通のメガネ屋さんで老眼鏡を書いましたが、目がすごく痛い。
一定の距離からずれるとぐわんぐわんと車に酔ったようになり、
一瞬で吐き気がする。
なによりも、色付きレンズとの併用ができない。

というわけで以前お世話になっているメガネ屋さんのところに
数年ぶりに尋ねましたところ、私のこの「ブログでアーレンシンドロームや発達障害のことがわかり、
そこからこちらに見えるお客さんが結構多いんですよー」
と聞いてびっくりしました。

確かに昔何か書いた記憶はあったけどそこまで影響があっただなんて、びっくりして検索しましたら、
一つはみれるけど、残りの記事がみれなくなっていました。
なので、きっとこれも何かのタイミングかと思い、再upをする事にしたのでした。
以下です。
昔のテンションなので今の私を知ってる人は違和感があるかもしれませんが、お役に立てるならと思いまして。

今日は私は老眼入りのスペシャルスペシャルメガネを発注してきたのですが
またいろんな目から鱗話がありました。
2011年から現在までのいろいろな場面でも眼に限らず、発達障害、難読症、支援する・されるについて、教育問題などいろいろと経験をしました。そこで学んだ事、気づいた事、乗り越えたことやサバイバル術など…
いつか機会があったらまとめてシェアしたほうがいいのかなぁと思ったりしています。

ま、それはいつになるかわからないので、
とりあえず、昔の記事を読めるようにしますね!

どうぞー!

===<眼のハナシシリーズリンク>===

再up【眼のハナシ@】「すぐに学習障害にしないでください。」
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036769.html

再up【眼のハナシA】学校との連携
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036781.html

再up 【眼のハナシB】視覚障害 ≠(イコールではない) 認知障害 ≠ 学習障害 
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036789.html

再up【眼のハナシC】Dayaの眼のハナシ。「アーレンシンドローム」「羞明(しゅうめい)」
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036795.html

再up【眼のハナシD】比較なんてできないのに
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036808.html

====================
↓<ここからが過去のブログ記事です。>↓
====================

実は眼のハナシ、沢山ネタはたまってるのです。

書くのが追いつかないだけで。

昨日はまた丁寧な診察と検査を受けてきました。

何よりも、ワタシの眼が、実は同じ外斜視だった、そして

黄色いセロファンのシートをおくと文字がすごく綺麗にくっきりと浮き出てきて、

今までに体験したことのない読みやすさを知ったことが

かなりショックでした。

8月にワタシも検査を受けることに。

これまで嫌いだ、できない、と思っていたこと、

私のやる気が足りないからだ、と責めていたこと、諦めていたこと。

あれはもしかしたら、見えていなかったからも知れない。

でも今日は別な話を書きたいので、

ワタシの眼のハナシはまた今度ね。


::::::::::::::::::::::::::::


昨日の検査では、

息子の眼鏡の確認、

どれくらい見えているかを図ったり、

学校のノートをもっていって、

これまでの変化や、難しいことなどを検討しながら

息子が見えている世界を理解しようとあれこれチェックしていきます。






4年生になってから突然増えた、ノート。

そこには罫線があって、

すごくチカチカしている。

息子は自分で太いペンで枠を作ったりして工夫をしている形跡がみえました。


::::::::::::::::::::::::::::

息子の通っている学校は、教科書を使わずに先生たちがプリントを作って

それが教材になります。

それが白黒コピーで、

文字が小さくて見にくい。

これは、視力の問題がなくても子どもの理解力に適していない、と意見をもらいました。

これは今後、学校と交渉するテーマです。

もう3回目の検査になるし、

本来なら半年に1度くらいだけど

早く、息子の世界認識を解明して、先生たちと一緒に息子がすごしやすい環境を作りたいので

3か月に1度とかの割合で通ってるので

眼科のS先生も息子の行動をよく見てくださってる。

彼がまってる間に読んでいる本とか、態度とかを確認しながら

「漫画はよめる?」

「今、まぶしい?」などと確認をしていく。


::::::::::::::::::::::::::::


色の入った眼鏡レンズも試しに使ってみます。


ワタシの視覚障害が判明したのは、

黄色いセロファンのシートをノートのプリントに置いたとき。

すごく読みやすかったのです。

息子は青が一番楽、というけど、なくてもいいという。

子どもは、色についてはまだあまりはっきりと反応しないことのほうが多いそう。

それに、あったとしても、よっぽど楽にならなければ、

他の人と違うことを気にする年齢に入ったので、多分色つきメガネは嫌がるだろう、とのこと。

メガネには色いれないけど、しっていれば

プリントや本にペラリとその色のセロファンを乗せて読むことができるので

今後もこれは探っていく予定。

::::::::::::::::::::::::::::

この次は私の検査に合わせて、

息子も検査するので、

半日片目をふせておいて、彼の斜視の開きぐあいがどれくらいなのかを図ってみることに。

でも息子の場合は、ぱっとみて焦点がずれてるようにみえないのです。

逆に、息子曰く「分身の術」といって(笑)、

あえて斜視にする、

焦点をはずすことで一つが二つにみえるようにできてるみたい。

つまり、それだけ自分の力で眼球を動かせる。

だからまだ手術は要らないんじゃないかというのと、

今の彼の年齢だと部分麻酔になってしまうので、怖がるだろうと。

当分、メガネで調整していく方針になり、

今回はプリズムを3から5に変えて、

進んだ近眼も、

身体の成長に伴い生じている、眼の距離の変化も考慮した

新しいメガネを作ります。


メガネ代がばかにならないので、保険が使えないのかきいてみたら、

8歳まではつかえる。

もしくは、生活保護を受けていれば、メガネ代は出るらしけど、

もうすぐ10歳だし、生活保護は(まだw)受けていない。

というわけで適用外 orz  

::::::::::::::::::::::::::::


今回のお話で言われたのは、

眼科がフォローできる範囲というのが限られていること。

彼の肉体的な、視力についてのサポート、をメガネということや

定期的な検査ではできるのだけど

(個人的には、S先生の経験知を分けてもらうだけでもすごいサポートになってるんだけど)

視力だけじゃなくて、

その特殊にみえているものを、彼がどう認知しているか、は

今度は教育診断、教育評価のテストを受けたほうがちゃんと理解ができるとのことで。

色が弱いのか、
文字が弱いのか。
読むのが難しいのか、
書くのがだめなのか。

形を認識するのはどうか

文字を認識するのはどうか

などなど。

(多分)


::::::::::::::::::::::::::::

それをどうやって考慮しながら教育に取り込んでいくか、という話になります。

つまり、どんなに視力のほうをメガネで合わせても、

たとえば色彩認識が弱い子、赤と黄色の認識が弱い子が

どんなに「努力」して、がんばって、

色を区別する練習をしても、

見えないのだから、苦痛な作業以外のなにものでもない。
それは、練習したからといって見えるようになるものではなくて、

「自分はできない感を繰り返す体験」になるだけ。


S先生曰く、「できないのを、確認しているようなもの。」



数字の認識が弱いのであれば、

早めに電卓の使い方を教えてあげれば、

その子は数のやりくりを学べる。


文字を書き移すのが苦手なのであれば、

早めにパソコンを教えてあげればいいじゃないか。


「発想の転換が必要なんですよ。」とS先生はいう。


その手順、その作業じゃなくても、

その子にあった手順、方法をみつけさえすれば、勉強はできる。


::::::::::::::::::::::::::::

肉体的な視覚障害と、

外の情報をどう処理するか、の認知障害と

色々なものを理解したり、統合していくというスキルが難しかったり、
感情のコントロールや集中力が難しい学習障害は

全部ちがう次元の話。


だけど、

眼が見えないので、外の世界とつながれない、
というわけで自分の世界に没頭してるだけなのに

学習態度が悪い

と言われたり、

斜視で見えないから、なんとなく書き写さないと

やる気がない と怒られたり。


それだけじゃなく、

子どものほうの問題じゃなくて

先生たちの、子どもの行動や認識の特徴を理解しないで授業をしていないか。

子どもたちの個性、多様性を受け入れるキャパがないのは、講師や学校のほうなんじゃないのか。

そういうことすら考えてしまう検査日でした。


::::::::::::::::::::::::::::

でも何よりも息子が 楽に授業に参加できるように

楽に、スムーズに学習内容が入るように

学校サイドにアプローチしていかなくてはいけないわけで。

担任の先生が理解してくれるだけでは足りなくて

専科の先生や、

新米の担任を教える、息子に間接的にかかわっている先生たちにはぜひ知っておいてもらいたいこと。

理解してもらえるように、どうすればいいのかを

前のベテラン先生と作戦会議。

やはり、眼科の先生の意見書。

そして、教育分析をしてもらった診断書。

正式なものを用意して、学校に話をしに行く。

なによりも心強いのは、

徐々に先生と病院と保護者がいい形で情報の共有ができるようになってきていること。

様々な専門的な立場から、

可能性を探れる豊かさ。


::::::::::::::::::::::::::::

この素晴らしい方々との出会いと、
そこで教えてもらったことをみなさんともシェアしたくて。

ブログのこのシリーズもその一つなんだけど、

一番知ってもらいたいのは学校の先生たち。

学校側にはお願いしても動いてくださらないようなので
(きっと震災関係で忙しい)

せっかくPTAを務めているのだからと、

学校で先生を招いて学習会をすることにしたのだー。 

どうやら、できそうな予感がするので、
楽しみ。


病院通いは骨が折れるし、
色々と大変なことも
気がかりなことも沢山あるけど
それを一緒に熱心にかかわってくれる人たちがこんなにもいるおかげで
全然苦じゃない。

息子はもちろん一番大変。
今もそうだし、
これまでの8年間、気づいてあげられるまで彼が受けてきた誤解と、
がんばってきた努力を思うと
胸が痛む。

同じくらい、胸を痛めてくれる先生たちがる。
感謝の気持ちでいっぱいです。

まだ、はじまったばかりなんだけどね。

このやりとりは多分息子がある程度落ち着くまで続くらしい。

7年とか、8年とか、無事に進路がきまり、
その子なりの道ややりかたが落ち着くまで
先生たちはケアしていくつもりなんだそうな。

素晴らしい人たちがいるなー。

::::::::::::::::::::::::::::


ワタシは38歳で自分の視力のことを気付けなかった。

これまでの大変だったこと、
なのにがんばってきたこと。

自分に対しても褒めてあげたい。

息子のおかげで気付けて、ラッキーだわ。

メガネを作ったら、
やっとあの本も、この本も、読めるのかしら。

これからが楽しみ。


コメント、感想などぜひお寄せください。
励みになります。

posted by Daya at 15:25| Comment(0) | 【眼のハナシ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。