こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2018年01月04日

再up【眼のハナシA】学校との連携

★再upの経緯★
この記事は2011年3月にアップしたものです。
おかげさまでアーレンシンドローム(光過敏)による難読症だという事がわかり、
アーレンレンズを作り、
親子で発達障害のテストを受け、それぞれの特性もわかり、
それでも生きづらさは変わりませんが対処法がわかり、
雨用曲折二人三脚で生きてきましたが、
この度なんと!daya老眼。

普通のメガネ屋さんで老眼鏡を書いましたが、目がすごく痛い。
一定の距離からずれるとぐわんぐわんと車に酔ったようになり、
一瞬で吐き気がする。
なによりも、色付きレンズとの併用ができない。

というわけで以前お世話になっているメガネ屋さんのところに
数年ぶりに尋ねましたところ、私のこの「ブログでアーレンシンドロームや発達障害のことがわかり、
そこからこちらに見えるお客さんが結構多いんですよー」
と聞いてびっくりしました。

確かに昔何か書いた記憶はあったけどそこまで影響があっただなんて、びっくりして検索しましたら、
一つはみれるけど、残りの記事がみれなくなっていました。
なので、きっとこれも何かのタイミングかと思い、再upをする事にしたのでした。
以下です。
昔のテンションなので今の私を知ってる人は違和感があるかもしれませんが、お役に立てるならと思いまして。

今日は私は老眼入りのスペシャルスペシャルメガネを発注してきたのですが
またいろんな目から鱗話がありました。
2011年から現在までのいろいろな場面でも眼に限らず、発達障害、難読症、支援する・されるについて、教育問題などいろいろと経験をしました。そこで学んだ事、気づいた事、乗り越えたことやサバイバル術など…
いつか機会があったらまとめてシェアしたほうがいいのかなぁと思ったりしています。

ま、それはいつになるかわからないので、
とりあえず、昔の記事を読めるようにしますね!

どうぞー!

===<眼のハナシシリーズリンク>===

再up【眼のハナシ@】「すぐに学習障害にしないでください。」
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036769.html

再up【眼のハナシA】学校との連携
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036781.html

再up 【眼のハナシB】視覚障害 ≠(イコールではない) 認知障害 ≠ 学習障害 
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036789.html

再up【眼のハナシC】Dayaの眼のハナシ。「アーレンシンドローム」「羞明(しゅうめい)」

http://shantidaya.sblo.jp/article/182036795.html

再up【眼のハナシD】比較なんてできないのに
http://shantidaya.sblo.jp/article/182036808.html

====================
↓<ここからが過去のブログ記事です。>↓
====================

lynnnote.jpg

lynnnote.jpg

今年の頭に書いたブログ記事

【眼のハナシ@】「すぐに学習障害にしないでください。」

はとても沢山の反響があって意外でした。

とても珍しい話なので、
ぜひ迷っている人がいたら、と思ってシェアしたのですが

やはり病院を紹介してほしい、と言われたり、
近くでやはり興味を持っている人の話を教えてくれたり。

よかったよかった。

続きを!と言ってくれていたのに、
ずっと忙しかったり、腕が腱鞘炎になってしまったりして
なかなかパソコンで長文を書くことを控えていました。

・・・・・

実は3年生の3学期が終わる直前に、もう一度検査に行き、
そして明日は3回目の検査です。




不本意ながら3年生でクラスも担任の先生も変わってしまうので
すごく不安で。

先生も、ほかの先生がどれくらい息子の眼のことを理解してくれるか
やはり心配してくれて。

沢山学校に通って、息子のことについて話しました。

学校での彼のこと。
家での彼のこと。

分かち合えるとそれだけ、息子の姿が具体的に、
連携してきて

学校での彼と家での彼 が全体的にどういう感じなのか、
理解していきました。

彼の場合、見えないことが普通の感覚ですから
本人に違和感を聞いてもわからないわけです。

彼の行動をみて、
想像したり、本人に聞いたりしながら

その奇妙な行動が
読めないからなのか、
見えないからなのか、
別の理由なのかを探っていく作業。

息子を本当に愛してくれる先生がいて
とても心強い。


・・・・・


さて、そして新学期。

クラス替え。

新しい担任の先生はナント、新卒の新米先生。

心配だったけど、
その新しい先生は
とてもセンスのある人。

経験がない分、もちろんもっているカードと経験知は
これまでの先生と比較できないくらいないけれど
若さと、素直さが素敵な先生。

今までお世話になったベテラン先生も、
息子のことはこれからも色々と協力していただけることになって、
安心していました。

・・・・・


でも実際に登校してみると、
先生が名前が覚えやすいように
名簿順で席が決まって、息子は一番後ろの席。

見えないので、もちろん近くの子どもたちとだけ話したりして
全然クラスの雰囲気なんてみえてない。

あれだけ、見えないから、と言ってあったのに。
校長先生にも春休み中話したのに。

というわけで即効電話をして次の日ベテラン先生と引き継ぎの話し合い。
隣のクラスの担任の先生も、
サポートできるようにと時間をあけてくださって、
初日から、息子の特徴、眼のこと、性格のことなど色々と話をしました。



そこからも違和感があるとマメに相談。


新米先生も大変w


だけどわからないなりにとても慎重に息子を見守ってくれています。

・・・・・

今日は、明日の3回目の検査のために、
新米先生と、ベテラン先生と3人で会って
息子のノートを皆でみながら、
どういう風にかけているかを確認。

おもっていたよりもずっと書けていて、
彼がどんなにがんばっているかがわかりました。


ほかの子供から比べたら、
書くのは遅いし、
相変わらず黒板から書き写すことはやはり難しいみたいでやらないので、
新米先生は私たちの話を聞きながら、
息子の状態を把握しているよう。

どうしても、算数や理科の授業では、
最初にやることを書き写してから作業にはいるので、
息子はどうしてもそこで遅れを取ってしまう。

とても不快な体験なので
やりたくないものだから、
グデグデして、スタートが遅れる。

そして、遅れるうえに距離のある黒板をみては、
距離が近いノートに書き写すのが大変なので
集中力も、気持ちも萎えてしまう。

やる気がないのではなくて、
やる気なんてでないような経験だったりする。


・・・・・


でも、ふとある理科の紙をみると
なんだかとても立派に、綺麗に沢山文字が書かれてる。

「先生、これは?」と聞くと、
どうやら
実験の手順を書き写すのではなく、
このときはやることを、
お手本をみせながらポイントを話していき、
皆にはノートをとってもらっていたという。

息子は視覚では情報を得るのは苦手だけど
聴覚は強い。

もしかしたら、ほかの算数や理科の作業も、
書き写すのではなく、
ディクテーション(口述)で書いてもらったら?
読みあげたら?
というアイディアが出てきて
この次はそうしてみることになった。


・・・・・


途中からクラブが終わって息子が教室に戻ってきた。
他の友達もいる中、
皆、私たちが息子の眼のことで話し合いをしていることを理解していく。

「そうか、明日検査なのか」とか
実際に何が問題なのか知りたい子もいる。

ふと、ベテラン先生が、息子に
「メガネ貸して」と息子のメガネをかけてみた。

「(@_@;)」

まさにこういう表情。

次に「わたしも!」と新米の先生。



「(@_@;)」


次々と、ほかの子どもたちもそうっと息子のメガネをかけてみた。

くらくらする。
びよーんってなる。

「見えない」というイメージが全然違う次元で理解された瞬間。

このメガネのおかげで、
息子は楽になった。

息子にとっては必要なゆがみ。
このゆがみで、みんなの世界に近づける。

そこにいる人たちがちょっとだけ、
リアルに息子のズレを体感してくれたかな、
と思える瞬間だった。

・・・・・

明日は多分プリズムを3から4にあげる、
もしくは一気に5に上げてしまう話がでるでしょう。

そしたらまた、
3Dメガネの数倍も、視覚効果があるため
息子は慣れるまできっと大変。

道がまがってみえたり、
光の加減の反射とか
空間把握とか。

でもそれがあると
またきっと少し見えるようになって
できることも増えていくんだろうな。


・・・・・


明日は息子のノートをもって病院にいく。
そこの先生と、今度は息子の世界を理解する努力をする。


息子も、がんばって皆と同じ、罫線の入ったノートを使って書こうとしていたり
(本来なら多分眼がちかちかしてかきにくいはず)、

そこに太いペンで枠をつくって、
「そのほうが書きやすい」と工夫をしてみたり。

みんなが、よりよい報告を目指して
ベストを尽くしてくれている。

本当にありがたいし、
正直、自分もよく頑張ってると思う。

・・・・・

これまでとにかく知らないが故に
決めつけてしまったこと。
もう、あんなことしたくない。


先日、久しぶりに話をした保育園のスタッフとも
「寝る前に本を読んであげるときに、
息子だけが横になって読むとまぶしい」と
訴えていたことを思い出し、

「あれはきっと見えてなかったんだろうねー」と振り返って

「まぶしくないでしょ、うそつかないの、とかいっちゃったー!
あーん!知らなかったとはいえ、可哀そうなことしちゃったー!」

と焦っていた。

息子は誤解されることが一番嫌い。
ちゃんと、自分の言い分を聞いてもらいたい。
それがすごいこだわり。

こういうところからくるのかもな。

posted by Daya at 15:24| Comment(0) | 【眼のハナシ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。