こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2015年12月25日

クリスマス・イブに名前とアイデンティティについて考える

メリークリスマス。
クリスマスがキリスト教の祝日であること、そしてそれが由来のイベントが世界中を影響していて、経済効果もすごいこと。クリスマスをお祝いしない宗教がこの日はとても周辺化されていることに気づいていたいと思います。
クリスチアニティが世界で過去に「よかれとおもってやってきたこと」が必ずしもよかったとは限らないことも、私はクリスマスになると考えます。

でも、無宗教なので、適当にお祝い気分のおすそ分けをもらって、
適当に楽しんでもいます。
そのおかげで私も
息子から素敵なプレゼントをもらいました。

xmaspresentfromlynn.jpg

今日はどうやら満月っぽくて、
そのせいか、ちょっと思うことをブログに書いてみる気持ちになっています。

ふと、もうすぐ生まれてくる赤ちゃんのことを想っています。
無事に産まれてきますように。
この世はとんでもなく大変なんだけど、美しいこともたくさんあるので、そういうところをいっぱい体験してもらいたいなぁ。

その子は、日本生まれ日本育ちの韓国籍の友達(つまり、いわゆる在日といわれるマイノリティの立場の人)と日本国籍の友達の国際結婚(国際結婚っていうこと自体知らなかった!)の間に産まれてくる。

両親になる友人たちは、とても素敵な二人だから、きっといろんなことを考えて、素敵な家族を作っていくんだと思う。
ふと、名前はどうするのかな、と気になった。
日本の名前にするのかな。
韓国の名前にするのかな…

それは、彼らの選択なので、楽しみにしておくことにして、

私は自分の息子に名前をつけるとき、散々迷ったことや、
自分が親からもらったリーガルネームを手放して、Shanti Dayaになったときのこととかを思い出した。
ついでに、
大好きなジブリ映画「千と千尋の神隠し」で、千尋が千になるシーンのことも、思い出した。

ポーランドの人たちが、ロシアに占領されて地図からポーランドがなくなったときに、彼らは自分の国の言葉と宗教を軸にアイデンティティを保ち、そしてまたポーランドをロシアから取り返した話も思い出した。

息子の名前は、絶対にユニセックスなものにしたかった。
当時私はジェンダー、セクシュアリティのマイノリティについて(今思えば)かなりアクティブに活動していた。
性別二元論に違和感があって、(社会的な)男とか女とか本当にめんどくさかった。
そこに大きな意味や社会的な区別があることにどうしても違和感があった。
そして、息子の名前は、国際的なものにしたかった。
私がマルチカルチャーなこともあるし、息子は日本人でもあり、ドイツ人でもある。
一つの国という境界線はすでに超えた背景だったから。

私の周りにいた二重国籍のこどもたちは、日本語名とドイツ語名があった。
それがすごく違和感があったのだ。
どちらのカルチャーもあることが、私なのに、という持論からきているのかもしれない。

あの頃はインターネットが普及し始めていたので、散々探して今の息子の名前にした。
当時親しかった人が、せっかく日本で生まれるからと、画数のいい漢字を探してくれた。

漢字の意味も、名前の歴史的な意味も、いろいろと繋がりがあって納得のいく名前だ。

親は散々いろんなことを考えて、一方的に子どもに名前を与える。
一緒に考えて本人が決めるということができないから当然なんだけど。

でもその与えられた名前を散々親に呼ばれて、その名前に自分のアイデンティティが宿り、
いい意味でも残念な意味でも私たちはその名前になる。
「nomen macht omen」という諺がドイツ語であって、意味的には
名前がその人をつくる、的なことだったと思う。

私の本名は美亜で、親は当時、海外でも覚えてもらいやすい名前ということでmiaと決めたらしい。
女の子だから美、祖父の名前からとったという。
たまたまその祖父は私にとって、とてもスペシャルな人になったのも偶然ではない。
亜という漢字はベトナム戦争が終わった年だったので「美しいアジアになるように」ということでアジアの亜になったらしい。
子どもの頃は「幸せな子どもになるように幸子」とか、子ども本人に対しての思いじゃないんかい!と
がっかりしたけれど、
今、日本を拠点にして「葛藤ファシリテーション」なんて仕事をやってるので無意味ではなかったのかもしれない。

約11年前に、私はインドでテイクサニヤスをして、OSHOの弟子になった。瞑想を人生に取り組んでいきたいし、シリアスになりすぎず、瞬間瞬間を祝福して生きるようになりたいと思ったから。
親からもらった名前を手放して自分でクリアファイルから意味もわからないけど光っていた名前を選んだ。
それが Shanti Dayaだ。

帰国して意味を調べたらShantiは平和。Dayaは慈悲という意味だった。
これまた葛藤ファシリテーターとして考え深いものがあった。

名前を変えたことを周囲の人たちに伝えた。サニヤシンたちはそれを喜び、祝福してくれてすぐにdayaと呼んでくれた。そのカルチャーを知らない人たちは様々なリアクションをした。
結果的に、当時見事なように人間関係の断捨離が起きて、みんなと疎遠になった。
その頃から続いている人はもう片手で数えられるくらいしか残っていない。

恩師のいう通りだった。
サニヤシンになった翌日、偶然にも恩師に瞑想センターの敷地でばったり会った。
「その新しい名前であなたはどう生きていくの?」と彼女はきいた。
自分の決意のためにとった、程度の気持ちだった私はドキッとした。
恩師は自分がテイクした時のことを話してくれた。
きっといい瞑想になるから、ちゃんとdayaとして生きてごらんとアドバイスされた。
私は知りたかった。彼女が話したことを経験してみたかったのだ。
本当に、いい瞑想になった。

自分の内側でおきたこと。
そして周囲で起きたことは私がこれまで信じ込んでいた「世界」の壁をバリバリと剥がしていった。

アイデンティティがシフトしていく様子も観察できたし、
名前の大切さ、そして同時に名前なんて記号にすぎず、どうでもいいことなんだということも学んだ。
執着していたことに気付き、さっさと手放せるようになった。

そんな経験をしてから、
千と千尋をみると、とても興味深い。

湯ばーばの元で働くためには名前を取り上げられる。そして千尋は千尋の頃の記憶を失いかける。
他者から名前を奪われる経験は、歴史上たくさんの人たちが経験してきた。
植民地支配をされていた人たち、在日の人たちも日本名をつけられたと聞いた。
フィリピンから里子でアメリカ人の両親に育てられた友人はアメリカ人の名前をつけられて、
自分が白人だと言い聞かされて育ったという。

あらゆる理由があって起きたことだけど、名前ってその人本人に、本当に大きい影響がある。
そしてそれが軸になって周囲・世界が回っていく。

息子の名前の漢字はじつは当て字で、彼の名前の音のように読むのはふりがながないとわからない。
彼が大きくなった時に、その漢字の本来の呼び名に変えちゃってもいいかな、と思ってる。
名前を自分で選んでもいいんだとも。

最近私の周りにいるサニヤシンフレンズの名前が面白いと興味を示す息子が
バシッと「でも俺は絶対サニヤシンにはならないからな!」といいきったのがおかしかった。

自分で選択していけることは、その人の意思とパワーにつながれる。
外に対してNOということは、自分に対してYESということなんだ。

千と千尋の神隠しの千尋も、最後はちゃんと自分の意思で自分の名前を取り戻し、帰っていくんだよね。

あー、久しぶりに思考をめぐりました。

メリークリスマス!


posted by Daya at 02:38| Comment(0) | 想うコト・考えるコト

2015年12月08日

1月9・16日【受付開始】三鷹ネットワーク大学のワンコイン講座

三鷹ネットワーク大学の講座、今回で5年目となります。

nw大チラシpic.jpg

1月の講座の受付がいよいよスタートしたようです。
シェア、拡散歓迎します!
必要な方にぜひ届けていただければ。

専門的な印象が強いプロセスワーク。
三鷹でお知り合いになったシニアのカウンセラーの方々も、
「難しい」「複雑」というイメージを持たれていて。

私はプロセスワークを使って自分の生活や人生の葛藤をなんとか乗り越えてきました。
プロになるには確かにトレーニングが必要かもしれない。
でも一つ二つ、プロセスワーク視点を知ってるだけでも全然使えるし、
生活が楽になるのに!

という想いや、
プロセスワークの素晴らしいアプローチの一つである
「深層民主主義 deep democracy」
を市民をはじめ、多くの方と分かち合えたらという気持ちではじめた三鷹ネットワーク大学での寄付講座。

事務代500円で私が無料でプロセスワークをお伝えします。

通常、高価なセミナーなので、
本で読んだことはあるけれど体験はしたことがないという方も多いことがこの講座をやりだしてからわかりました。ぜひ、そういうプロセスワーク好きの方にも体験しにきてもらいたいと思っています。


《自信回帰のためのプロセスワークpart3》
1回目
【1月9日】
内的批判はどうして私を批判するの?
https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/D1530201

2回目
【1月16日】
自分が持っている様々なパワーを祝福しよう!
https://www.kouza.mitaka-univ.org/kouza/D1530202


★プロセスワークを知らない市民向けの講座です。ご存じの方、過去に参加された方やにはおなじみの内容ですので、期待外れかもしれません。
posted by Daya at 21:25| Comment(0) | 日記

2015年12月05日

いよいよ来週はワールドワークLABO1回目のトレーニングです!

FacebookなどのSNSではしつこく告知してきましたが、
なんとこちらのブログではお知らせしていませんでした。。。

プロセスワークを本格的に学ぼうと思ったきっかけは、ワールドワークでした。
今年の秋に、アメリカのヤハツに行き、久しぶりにプロセスワークコミュニティの空気を吸って、
長年あたためてきた構想を実現するために動き出すハラが座りました。
ワールドワークの視点やアプローチをもっと体感的に学んだり、経験できるオープンな場を作りたいという夢。

賛同してくれる仲間と「ワールドワークLABO」プロジェクトを始動しました。

そして1回目のトレーニングは来週末です。
http://peatix.com/event/122307/view



Facebookページがありますのでぜひチェックしてください!
https://goo.gl/0FVXyP


以下、チラシより:

「ワールドワーク」は、プロセスワークの手法の中でも世界の問題に焦点を当てて、
自分ごととしてワークしていくアプローチです。

ワールドワークも同じように、日常のレベルで使えるようなものとして紹介していければという想いがあります。なぜなら、世界の問題、社会の問題は私たちの日常の中にあるからです。
私たち、個人の内なる現実のレベルにもそれはあるからです。

世界のことをワークすることは、自分の中の同じような構造をみつめ、
ワークしていうことにつながっていきます。

ワールドワークという学びの場が提供する視点とは、現実のリアリティ、ドリームランドのリアリティ、エッセンスのリアリティ、そして様々なロールや声をどうすれば深い民主主義的に耳を傾けていけるかの探求です。また、普段周辺化(マージナライズ)されている問題や存在とメインストリーム、主流派(マジョリティ)がどうすれば共存し、対話していけるのかをロールモデルしていけるのか、その可能性を模索していくトレーニングフィールドです。

手法だけでなく、実際のその場にある問題をワークしていきながら、筋肉とセンス、そして場を見る力、自分のパーソナルパワーをファシリテーションに活かしていけるようにするトレーニングなどを行っていきます。また、Dayaのオリジナルなワークや、大切にしているOSHOのアクティブ瞑想なども体験してもらえます。

その第一歩目が今回ご案内する12月のワールドワークLABO、葛藤ファシリテーショントレーニングです。

http://peatix.com/event/122307/view
posted by Daya at 22:52| Comment(0) | 日記

気づかれないということ、について

思うことがあって、以前見たことのある動画を探して覧た。

NHKスペシャル
<調査報告 "消えた"子どもたち
〜届かなかった「助けて」の声〜>

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20141222


私も16歳の頃、摂食障害がひどくなってきていた時に、
一緒に住んでいた親ではなく、親のように親しくしていたスイス人の看護婦の知人が異変に気付き、
両親を説得してくれた。

そうなるまで、誰も私の心の異常さに気づくことはなかった。

今も、「誰も助けてくれない」というトラウマの物語を、
「もう、そうではないんだ」というリアルな体感に移行させていくことに相当なエネルギーを費やしている。

家庭の中に踏み込み難い状況や、他人に対する無関心、関係性の希薄な状況。文化の違い。
きっと当時の私の周りの人たちも、何か様子が変なことに気づいていても、どうすることもできなかったんだろう。

でも、一人の友人の介入が私の命を救うきっかけをつくってくれた。

ちょっとした「余計なお世話」が、誰かの助けになることもあるんだ。

気づいてもらえないことの辛さと悔しさ。
子どもは特に、不利な立場にいる。

私は、迷惑にならない程度の、余計なお世話ができるおばちゃんになりたいし、
お互いに介入できる地域での関係を築きたい。

posted by Daya at 22:40| Comment(0) | 日記