こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2014年12月11日

日常で使えるプロセスワーク講座、アドバンス1期を終えて(個人的感想1)

先週、「日常で使えるプロセスワーク講座」のアドバンスクラス1期が終了しました。
6回の講座はあっという間でした。
毎回とても濃厚で、沢山のことを学び、私も毎回フルにコミットして
知っていることを伝えました。


この講座は8月に希望者が集まり、
プロセスワークの深層民主主義的な対話の進め方の中でそれぞれのニーズや想いを分かち合い、
私と一緒にプログラムを作りスタートしました。

物事を決めていく際のプロセスも、
深層民主主義的なミーティングを何回か経験してみると、
体感的に学べるものがあるはずだと信じて。

日本では、(というか、ポートランドのプロセスワークコミュニティ以外では)、
なかなかアーノルドミンデルが実践しているコミュニティの在り方は経験できません。
私ができているかといったら、どうでしょう?という感じですがw
経験することが全くないよりはマシだろうという確信のもとに
やってきています。


アドバンスは、
ベーシッククラスで「なんとなーく」プロセスワークを理解したり、
日常にその視点を取り入れだした皆さんが
「ゴーストロールに気づくようになったけど、どうすれば?」
「わかっているのにどう動けばいいかわからない」
という、
「もっと実践的に使えるようになるための学びの場」として設定された気がします。

各自が自分のケースをプロジェクトとして持ち寄り、
それを軸に学びを現実に活かしていくという
dayaの得意な「現場主義」的なものです。

私自身、自分の人生をプロセスワークや瞑想を基本的なアプローチとして
改善してきました。
その経験知をシェアしている感覚です。

教え方も私のスイスで受けた教育経験がベースとなっていて実用的なものとなりました。

私が私らしくいることで、参加者のみんなもそれぞれが自分らしくなっていくような、そんな3ヶ月でした。

ベーシック3ヶ月、アドバンス3ヶ月でみなさん、相当インナーワークも上手になり、
場を見る力もついて、エッセンスに到達するセンスも磨かれて来ています。

この後、1月からアドバンス2期がスタートし、学びの場は新たな仲間を迎え入れるために一度ドアをあけ、
継続することが決定しました。

参加した方から承諾してもらい、少し具体的に私が経験したみなさんの変化をここにご紹介していこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
職場の上司とスタッフの間にいるUさん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Uさんは職場の上司とスタッフの間で、
自分の立ち位置や対応していくところにプロセスワークの学びを活用したいということでした。

きくところによると、上司の方はとても一方的でパワフルな感じです。
スピード感があってなんでもちゃっちゃとやってしまう。
コントロール欲が強く、なんでも管理したがる感じ。

それに対し、これまでも沢山のスタッフが辞めていったそうです。

Uさんはそこで正社員となり、他のスタッフをまとめる役割&上司のサポートをしています。
本人も上司のパワフルで、乱暴で支配的にも感じる行動や言動に戸惑っていましたが、
どうすれば気持ちよくサポートできるのか、また、自分があまり影響をうけずに仕事ができるのか、
他のスタッフにはどうすればいいのかなどがテーマでした。

Uさんのワークは流れ的にグループワークとなり、
Uさんは自分の普段の役割から抜けてスタッフの視点にたったり、
上司の視点にたったり。
他のメンバーも参加してロールをとり、一緒に深めて息ました。

Uさんの内なるプロセス全体は本人にしかわかりませんが、
私はそばにいて彼女が自分のパワーやバウンダリーをしっかりと確認し、
そこに立ち続けることや、
自分が普段の立場からみていたリアリティではない、スタッフからのリアリティなどを認識して視点を増やし、
また、そこの中で自分自身の関係性についてのテーマやパターンに気づいて
自由になっていく様子が印象的でした。

取り組む時の入り口が職場という外のことだったとしても、
自分の内なる課題ともつながっているものです。

Uさんはその両方のレベルをしっかりと認識して、
自分の気持ちや人生を大切にしていきながらも、
柔らかい気持ちを持ち続けながら、職場の人たちとの距離感を探り続けています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長くなったので、他の方の話や続きはまた…

posted by Daya at 00:00| Comment(0) | 想うコト・考えるコト

2014年12月10日

【受付開始】カウンセラー/ファシリテーターのための実務向上セミナー 〜プロセスワークの視点からの自己理解〜 

2014年もあと数週間ですね。
今、久しぶりに時間ができて、
仕事の合間に新宿御苑にきています。

IMG_5803.JPG

紅葉が綺麗で、都会の雑音から解き放たれ、ほっとしている一時。
鳥の声や水の音…ほっとします。

さて、
来年1月にスーパーヴィジョンを通して自分らしいスタイルを探るセミナーの開催が決定しました。
川崎での開催です。

============================
カウンセラー/ファシリテーターのための実務向上セミナー
  〜プロセスワークの視点からの自己理解〜
============================
【詳細・お申し込み】
http://www.technofer.co.jp/tfcareerc/sc05.html


簡単にいうと、ケースの振り返りを通して自分らしいカウンセリングやサポートスタイルに気づき、
開発していくためのケーススーパーヴィジョンです。

プロセスワークでは「メタスキル」とも言われているのですが、
具体的な技法を超えた、セラピストやカウンセラーの背景にあるその人らしさ、
雰囲気やありかたなどを支援場面において意識的に活用していくものです。

アメリカの大学院でプロセスワークを学んでいる時、
先生たちからのフィードバックはこれまでの学びとは全く異なるものでした。

それまでの私のフィードバックやスーパーヴィジョンの体験は「指摘」や「反省」が伴い、
できなかったところをつつかれて、ダメ出しばかり出されてしまう感覚だけが残り、自信がなくなりました。
次の課題が見えて頑張ろうとは思うけど、とてもドキドキするし、
聞いてて辛い気持ちになることが沢山ありました。

アメリカのプロセスワーカーからのフィードバックは、全く違って、
とても楽しくて嬉しくて、ワクワクして、
いつまでもフィードバックを聞いていたいような、サポーティブなものでした。

プロセスワークの技法を超えた、私らしいファシリテーションスタイルや、
介入方法に気づき開発していく日々は本当に楽しいトレーニングの記憶です。

私はいつもその頃のことを思い出し、感謝の気持ちでいっぱいになります。
今回の企画ではそのような体験を次の人たちに分かち合い、
応援していける場にしていきたいと思っています。

個人的には、キャリアカウンセラーとしての経験とプロセスワークの知識の両方をお伝えする
とても嬉しい機会です。

沢山の方にお会いして、充実した学びを分かち合えることを楽しみにしています。

以下、詳細をリンク先から抜粋しました

ーーーーーーーーーーーーー
【日時】
2015年1月23日(金)
 1  14:00-17:00
 2  18:00-21:00
★連続での受講も可能です。
ーーーーーーーーーーーーー

【内容】
● 面接事例の検討(2名から3名)
● 参加者は自分の面接事例を持ち寄ります(事例記入用紙をメール送付します
● 事例を提供していただく方は先着順とさせていただきます。
● 内容は、おおまかな状況を事例記入用紙に記載して、事前に事務局へ送付してください。また、間に合わない場合は当日、口頭でも受け付けることはできます。
  一人ずつ面接事例をとおして、面接(グループワーク)の中で起きている様々なことを、プロセス指向心理学の視点から読み取ります。
 プロセスを見ていくことによって、面接で起きていること、わからなかったことを理解することが出来ます。

ーーーーーーーーーーーーー
【会場】 テクノファ川崎研修センター
【受講料】
8,500円 (2回目以降のリピーター価格7,200円)(税込)
【お申し込み】
https://www.technofer.co.jp/cp-bin/J_K_TC91/
ーーーーーーーーーーーーー

【講師よりメッセージ】
何かがうまく行かないとき、自信がないとき、不安なとき…どうかそれを「失敗」と捉えないでください。そこには必要な学びの機会が隠れているのです。「正しい」カウンセリング技法を行おうとする時、私たちはつい目の前にいる方や自分自身の中で起きていることを無視してしまいがちです。内なる批判者に怯え、クライアントからのジャッジに不安になり、落ち着いて私らしくいることが難しい方もいるのではないでしょうか…
私のスーパーヴィジョンでは、皆さんのケースを元に原点である「いま、ここで起きていること」に焦点を戻し、自分らしい介入スタイルを見つけていくことをご提案します。
午後、夜と2回に分かれていますが、それぞれ扱うケースが異なるため、学習内容も違ったものとなります。
ぜひケースを提供してご自身の自分らしい介入方法を探りに来てください。お待ちしています。


posted by Daya at 13:54| Comment(0) | お知らせ