こんにちは。
葛藤解決ファシリテーター、セラピスト、キャリアカウンセラー Dayaのブログです。


・・・・・

NEW!葛藤解決ファリテーター・プロセスワーカーdayaのオフィシャルグログがオープンしましたhttp://changeconflict.com

数秘術・タッチを紹介しているサイトはこちら→
http://www.shantidaya.net
色々な変動と不安の多いこの時期、<気づきのための人生マップ・Dayaの数秘術セッション>がオススメです。人生の地図のように、自分が行こうとしている方向性や、「歩き癖」などをしっかりと理解し、日々の気づきに活用しながら自分の人生を主体的に生きていきましょう!深くて楽しい!遊び感覚でどうぞ♪

・・・・・

詳細や、はじめてのかたはコチラのサイトをごらんください。
http://shantidaya.jimdo.com/


★主にtwitterでつぶやいています。

http://twitter.com/dayanow

★twitterやってない人はコチラからログが読めます。
http://twilog.org/dayanow

お問合せ・ご予約はdaya.session★gmail.com
(★を@に変えてください)


2014年10月25日

組織理解につながるプロセスワーク講座の感想を頂きました。

今日は「日常で使えるプロセスワーク講座・アドバンス」でした。

今回で3回目ですが、
講座の性質上、常に続いていて、
みんなで日常でのそれぞれの体験をお互いに共有しているような、
そんな不思議な感覚があります。

来月からは、
「日常で使えるプロセスワーク講座・ベーシック」の5期がスタートします。
今回も多様な方々がそれぞれのつながりから集まりました。
毎回講座の内容は違うプロセスになるので私も楽しみです。

さて、11月8日は久しぶりにまた
「組織理解につながるプロセスワーク講座」をやります。

詳細とお申し込みはこちらから左矢印2
http://kokucheese.com/event/index/216817/

これまでにも、様々な方が参加し、
それぞれのケースをワークしてきました。
プロセスワークの知識や経験の有無とは関係なく、
どのケースもとても興味深く、ケース提供者にとっても、その場にいる人たちにとっても
とても直接的な学びになっている時間です。

地元の三鷹で、
こんなにも私らしい講座(笑)を沢山やらせてもらえる機会が与えられていることに
毎回感謝と幸せの気持ちでいっぱいになっています。

前回参加されたかたから嬉しい感想をいただきました。
記載の許可を頂いたのでご紹介しますね。

==================
(Kさん、女性)
人と自分は違うものだということを前提に、
相手の気持ちを想像して「どんな気持ちで言ったのか」とよく考えることがあります。
ワークショップで、言われた人になって同じように演劇チックに発言してみると、
頭の中で想像した判断や評価とは異なっていたのが不思議でした。

あと、差別されたことを理解してくれたこと、
共感してくれたことがすごい私の心の癒しに繋がっています。
本当に感謝しています。
ありがとうダヤさん。

まだまだ入り口だとダヤさんがおっしゃっていたので、とても興味があります。
少し、踏み込んでプロセスワークのワークショップに参加したいと思ってます。
==================
posted by Daya at 23:27| Comment(0) | 頂いた感想

2014年10月06日

【感想&推薦】「日常で使えるプロセスワーク講座」

来月からスタートする日常で使えるプロセスワーク講座。5期。
http://kokucheese.com/event/index/218694/

講座に参加された方から推薦メッセージをいただきました。
受講生からの視点から講座体験が書いてあるので、
私も興味深く拝見しました。

どうもありがとう!

=========================
プロセスワークに出会ったのは会社の人に勧められて
ミンデルの「紛争の心理学」を読んだことがきっかけでした。

本のなかには大地の霊とか宇宙の息吹とか見慣れない単語も見られ、
ん?宗教?スピリチャル?プロセスワークって一体ナンナノダ??
と頭が混乱した事を覚えています。

折よくSNS経由でDayaさんを知り、
プロセスワークの正体を知るべくベーシック講座に参加する事を決めました。

Dayaさんの講座では一人一人がどのように過ごしたいかが尊重され、
寝ても良いし、飲んでも良いし、食べても良い、
好きに部屋から出入りしても良いところがまず気に入りました。

自由にリラックスした空気の中で、聞きたいことや分からないことも、気負わずに質問できます。
学ぶ、というよりは、少しづつ体の中にセンスが染み込んで行く、
あるいは筋力を養成していくといった方が近いと思います。

ベーシック講座を通じて得たものは、共に学ぶ仲間や、
私たちの住むこの複雑な世界を理解するための枠組み、
ものごとの本質につながるためのテクニックなど数多くあります。

中でも一つ主張したいことは、
日常生活を送る中で「あれ?」「なんかひっかかる。」
「これ嫌だなー」など自分が反応した事について、
一歩深く洞察する意識を持てた事です。

心理学諸派、社会組織学、行動科学など人の振る舞いや、
心の動きを説明する理論は多くありますが、
自分自身が当事者となり起きていることに関わっていくという点でプロセスワークは、
他とは異なる実践的にパワフルなアプローチだと感じました。

Dayaさんは、必要な時に必要な形でその豊富な知識と経験を提供してくれます。
一方的に知識を受け取るだけのセミナーではありません。
共に成長していく事を楽しめる、
自立した大人の学習者の期待に十分応えられる充実した講座として、参加をおすすめ致します。

★東京都内在住 コンサルティング会社勤務 30代 女性 ★

==================================

プロセスワークって、興味はあるけど、本読んでもよくわからない。そう思ってる人はこの講座を受けるべし。体験して感じてみるにつきます。

自分の中に起きてくる動き、イメージ、衝動を信頼して、楽しみながら進めてみる。すると、今までとは違った感覚、質感を味わうことになります。そして、その世界から普段の自分をながめてみると、あら不思議。ちょっとだけ、世界が違って見えます。その景色を見られるのが、この講座の醍醐味です。

世間では歳を重ねるほど、経験に縛られ、自分の思考、価値観や生き方を変えられなくなる傾向があります。

でもプロセスワークは逆で、そういう固定した考えから自由になり、自分に起きてくるプロセスに従って生きていく可能性を開いてくれます。

何歳になっても、柔軟に、流れる水のように自由に生きていける。この講座を経験するとそんな希望が湧いてきます。

★神奈川県在住 医療関係 男性★

=========================
posted by Daya at 16:19| Comment(0) | 日記

2014年10月03日

受付中♪「組織理解に導くプロセスワーク講座」11月8日

おかげさまで好評につき何回も開催させてもらっている
「組織理解に導くプロセスワーク講座」。
(※今回より、集団理解を組織理解に名称変更しました。)

次回は11月8日です。

毎回みなさんのケースを扱い、実践的な学びの場にしています。
毎回メンバーもケースも違うので、単発ですが何回参加しても新鮮です。
私自身、毎回興味深いケースをワークさせてもらってとても光栄です。

ある時はNPO団体の中でのできごと、
ある時は仕事への気持ち
ある時は仕事場での葛藤、
別の会では在日差別問題
あるいは、親子関係、夫婦関係…

その人が直面しているその葛藤にはどんな意味があるのか。
何を言おうとしているのか。

毎回連続でケースを出している方もいらっしゃいます。
うまく活用してくださいね。

お申し込みは左矢印2
http://kokucheese.com/event/index/216817/

こちらにも詳細を左矢印2
====================
「問題の中に答えがある」
所属している組織や集団の中で起きている問題を理解するために必要な視点と出会いましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

所属しているブループや集団、家族、グループなど、
組織の中の問題はあらゆる場面で起きています。

そんな時、皆さんはどうしていますか?

組織のシステムに原因を見出したり、問題になっている人を批判したり…
こうすればいいのに、と思いながらも現実はなかなかうまくいかず、
どうしたものかと頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。

この講座では組織の中で起きている問題に対する理解と見立ての視点を
プロセスワーク(プロセス指向心理学)というアプローチではどうしているかを
ご紹介します。

グループの一員として、この問題を体験しているということは何らかの意味があり、
その問題に答えがあると考えます。

普段とは違った、大きな視点を持ち、改めてもう一度その問題を眺めてみませんか?

<講座の内容とスタイルについて>
この講座では、「プロセスワーク」を組織の中で起きる問題にフォーカスし、
参加者全員で学ぶ形式をとります。
皆さんが所属する組織で起きている問題をケーススタディーに、
プロセスワークの手法を用いて問題解決の気づきを探っていきます。

ご自身が感じておられる問題を、ご自身以外の集団で検討する機会はなかなかないと思いますので、是非、ご自身の問題・課題をお持ちいただきご参加ください。
(事前にケースをメールして頂けると幸いです。)

※この講座は、皆さんの事例を用いたケーススタディーに重点を置いています。
 そのため、「プロセスワーク」に関する説明・解説は最小限のものとなります。
 初めて参加される方は、その点をご了承ください。
posted by Daya at 17:16| Comment(0) | お知らせ

受付中♪「日常で使える!プロセスワーク講座ベーシック5期」開催決定です!

この時期は新幹線の中で書いてす。

今日はこれから関西へ。
明日行われる
「ワールドワーク1日体験講座」のために前日から大阪入りをします。
これだよん♪ 左矢印2
http://peatix.com/event/48227

今回、思った以上に学生・経済的に貧困だという方の参加が多く予算が集まらないという自体が発生。
企画中止か?と5日前までざわついていましたが、ニーズはあるけど、経費が集まらないとハプンしない。
そんな中、東京からの応援を諦めて1人で向かう事にし、
他の人たちの呼びかけもあり、その後一気に参加者が30名以上となりました。

こういうプロセスを決めていくにも私たちはプロセスワークの視点やセンスを活かします。
チームビルディングやコミュニケーション、一見、障害のようなものが立ちはだかったとき、
どのようにそれをみて解釈、判断していくのか。

私1人のプロセスのチャレンジでもあるし、もっと場的なものもあるかもしれないし。
インナーワークをして、1人で行く事を決意し、プロセスが促進しはじめました。

東京からは1人で向かいますが、今回はサポータースタッフがつくという心強い環境がつくれました。
今は関西在住になっちゃったけど、以前は三鷹にいた、「日常で使えるプロセスワーク講座」の修了生たちが集まってくれます。それから、ずっと私の「気づきの個人レッスン」を受け続けてくれてる人たちもサポータースタッフとして参加してくれます。

彼女たちは、その場に起きている事を歓迎し、耳を澄ませてみようというオープンネスのセンスを身につけた人たちです。また、ロールの声からもっと感覚的なエッセンスまで落とし込むレッスンを沢山積んだ人たちでもあります。

イスラエルでゲアリー・リースのワールドワークプロジェクトでファシリテーションチームに参加していた時に私はチームやサポートスタッフの大切さをとても痛感しました。ファシリテーターが1人でホットなトピックを扱うよりも、チームでホールドしたほうが安全なのです。
ある程度のスキルやアウェアネスを高く持てる人たちが沢山集まったほうが、ホットな話題も安全に扱っていく事ができます。詳しくは当日に…

さて、先月三鷹では「日常で…」のアドバンス講座がスタートしました。
基礎講座を終え、ある程度わかったぞ、という人たちが実際に自分の日常で具体的に使ってきたい!
とそれぞれのケースを持ち寄り学んでいく素晴らしい場です。

そんな中、「日常で…」のベーシック講座5期の開催が決定しました!
詳細、お申し込みはこちらからどうぞ左矢印2

http://kokucheese.com/event/index/218694/

基礎講座ではこんなところをゆるーい目標として設定しています:

<この講座の目指すところ>
・プロセスワークの基本的な考え方をなんとなく理解する
・体感的な慣れ
・グループワークがなんとなくできるようになる
・日常の中でプロセスワーク的な視点を少しだけとりいれてみる
・インナーワークの体験
・グループと自分のつながりがみれるようになると素敵

いいんです。
プロになる訳じゃないんだから。

私の口ぐせ。
「センスと筋肉!
本を読んで、わかっていてもその場で使えなければ意味がない。
それなら、なんだかわからないけどできちゃった?
みたいな感性を。
ちょっとだけ気づいていられる意識がもてる状態を目指しましょ。」

そうとはいっても、
これまでの4期の人たち、夏合宿、
そしてアドバンスとちゃんとワークできるようになっているのでご安心ください。

受講生の方々からも様々な感想と推薦文を頂いています。左矢印2

http://shantidaya.sblo.jp/article/104169723.html

すでにお申し込みをいただいているので、残席6名です。
お早めにお申し込みくださいね。

そして
「連続講座への参加が難しい!」
という方には、11月8日に単発の企画があります。

「組織理解に導くプロセスワーク講座」
http://kokucheese.com/event/index/216817/

こちらはプロセスワークを少しでも知っていたほうがより楽しめる講座ですが、
実際は初めての方が毎回いらっしゃってますw
そして、大丈夫です。ちゃんとワークできてます。

世界や一見複雑で、でもとても豊かで…
そしてとってもシンプルなんです。

自分の中にある叡智につながった時、意識が代わり、変容がおきていきます。
皆の表情が代わり、場が軽くなります。

体験しにきてみてくださいね。
posted by Daya at 16:28| Comment(0) | お知らせ

2014年10月01日

大阪もうすぐです。

【ラストコール・シェア歓迎です♪】
開催が決定した大阪での企画。
二日連日で行います。主催は違いますがどちらもどうぞ!
<企画その1>
10月4日は
ワールドワーク一日体験講座。
http://peatix.com/event/48227
今みたら申し込み30名…!!
スタッフをあわせて40名弱になりそうですねー。
すごーい。
イロイロな方が来ると思う。
そんな中、一つのドアを共通の入り口にして、それぞれがお互いの声をきいたり表現したり、対立していたとしても共にいる事はできるんだという可能性、問題の中に希望と勇気をみつけていける学びをみなさんと分かち合いたいと思っています。
<企画その2>
10月5日の午後は
テーマ「私たちを囲む同調圧力」 
プロセスワーク葛藤解決ファシリテーションの視点から見たレクチャーとミニワーク
http://lilian2005.blog81.fc2.com/
を行います。
こちらは主催をしてくださる方々にある関心事をテーマにしました。
「同調抑圧」がなんなのかから入ると思いますが必要なレクチャーと介入をしていきます。
【2つの企画の特徴】
4日の体験講座は、きちんとしたレクチャーとエクササイズを用意してゆっくりとすすめていくので、構成がはっきりしたものになります。プロセスワークが初めての方でも、ちょっと味見はしたぞ、という感覚が持ち帰れるように作られています。
5日のほうは、逆にそういうレクチャーはなく、非構成な流れになると思います。
どちらもプロセスワークのファシリテーションを活用したものになるので、そういう二つを味見したい方は連日来てくださると楽しいかも!テーマもきっと無関係ではないだろうし、テーマだけでなくてその場に起きてる事とかもどうなんでしょうね。
===============
この週末に私が大阪にいけるようになった背景には、
息子をみててくれる友人や、企画を進めてくれる仲間や、支えてくれる先輩や、応援してくれる人たちや、参加したいと思ってくれる人たちや、偶然とか夜にみる夢とか、イロイロな関係性とコミットメントがあります。
私に取って、この企画の実現自体がすでにワールドワークなのです。
1人親の私がどうやって自分のミッションを果たせるのか。
経済的な自分の限界と、参加者の経済状況への配慮をどう両立するか。
スキルや距離や時間など異なる状況の仲間たちとどのようなチームワークを組むか。
そこに立ちはだかる、様々な困難からいかにメッセージとヒントを得るか。そしてそれをどう取り入れていくのか。
すでに、ワールドワーク的プロセスは始まっている。
そう感じています。
あと数日。1人でも多くの方とその場を共有できますように。
posted by Daya at 00:13| Comment(0) | お知らせ